ビジネス

iPSから血小板1千億個 京大、輸血用に作製

iPSから血小板1千億個 京大、輸血用に作製 画像1

血液成分の一つで止血作用がある血小板を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して、5日間で1千億個以上作れる技術を開発したと、京都大の江藤浩之教授らのチームが12日付の米科学誌セル電子版に発表した。 ……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/