ビジネス

岐阜、点滴死亡事故で和解 県立多治見病院が謝罪

岐阜県立多治見病院(同県多治見市)で昨年4月、点滴のチューブが外れ、入院していた70代の女性が失血死した事故で、遺族が病院に約3800万円の損害賠償を求めた訴訟は12日までに、名古屋地裁で和解が成立し……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/