ビジネス

東証、午前終値は2万4257円 円安一服受け反落

3日午前の東京株式市場は、円安ドル高進行の一服を受けて売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は反落した。前日までバブル経済崩壊後の最高値を連日更新したため過熱感を警戒して売る動きも入り、下げ幅……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/