ビジネス

オプジーボ中止後も影響継続か 大阪大、副作用対処に

免疫の働きを利用したがん治療薬「ニボルマブ」(商品名オプジーボ)は、投与中止後も4カ月以上、影響が継続する可能性があると、大阪大の小山正平助教(呼吸器内科学)らのチームが4日、海外の科学誌電子版に発表……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/