ビジネス

東証続落、午前終値は47円安 波乱相場を警戒

26日午前の東京株式市場は、米国の株高を好感し買い先行で始まったが、世界経済の成長鈍化や波乱相場への警戒感から売りが優勢となり日経平均株価(225種)は続落した。一時約7カ月ぶりの安値をつけた。 午前……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/