ビジネス

新品種イチゴを初出荷、佐賀 20年ぶり開発、産地復活目指す

新品種イチゴを初出荷、佐賀 20年ぶり開発、産地復活目指す 画像1

佐賀県が約7年かけて開発したイチゴの新品種「いちごさん」が15日、初出荷された。新品種の開発は、現在の県の主力品種「さがほのか」以来20年ぶり。出荷量がピーク時の約6割に落ち込む中、県は産地復活の起爆……

共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/