スポーツ

海の微小プラ、2030年に倍増 北太平洋集中、九州大分析

海の微小プラ、2030年に倍増 北太平洋集中、九州大分析 画像1

海の汚染が深刻化している微小なマイクロプラスチックの発生がこのまま続くと、日本近海を含む北太平洋で海水1立方メートル当たりに含まれる量(重量換算)が2030年に現在の2倍、60年ごろには4倍になるとの……


共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/