ビジネス

日産労組、一時金を引き下げ 春闘要求、業績を考慮

日産自動車労働組合が2019年春闘で年間一時金(ボーナス)の要求額を基準内賃金の5.7カ月分とする執行部案を固めたことが29日、日産労組への取材で分かった。業績などを考慮し、前年の5.8カ月分から引き……


共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/