ビジネス

18年住宅着工、2年連続減 不祥事で貸家の融資厳格化響く

国土交通省が31日発表した2018年の新設住宅着工戸数は、前年比2.3%減の94万2370戸と2年連続で前年を下回った。持ち家と分譲住宅はほぼ横ばいだったが、貸家が5.5%減の39万6404戸と7年ぶ……


共同通信 47NEWS

http://www.47news.jp/