エンタメ

【インタビュー】「どこにもない国」内野聖陽 知られざる歴史上の偉人伝に感服

【インタビュー】「どこにもない国」内野聖陽 知られざる歴史上の偉人伝に感服 画像1

 第2次大戦の終戦後、ソ連占領下の満州にとり残され、略奪、暴行、病気、飢え、寒さなどで死にひんした150万を超える日本人の帰国を実現に導くため、命を懸けて奔走した男たちの戦いと、彼らを支えた妻の愛を、中国ロケを交えた壮大なスケールで描いたNHKドラマ「どこにもない国」(前編は3月24日、後編は31日の午後9時から放送)。実話を基にした本作で、主人公・丸山邦雄役を演じた内野聖陽が、本作に込めた熱い思いや撮影エピソードなどを語ってくれた。

丸山邦雄役を演じた内野聖陽

-命を賭して大勢の人の命を救った人物といえば、ナチス・ドイツに迫害されていたユダヤ人を助けた杉原千畝さんやオスカー・シンドラーさんが有名ですが、丸山さんの名前は初めて聞きました。

 私も全く知らなかったので、歴史の教科書に載っていない方がこんなにすごいことをしていたんだと驚きました。作品のお話を頂いてからは、あらゆる本を読んで、丸山さんや満州について勉強しました。

-丸山さんは信念を貫き、米国仕込みの英語力を武器に満州脱出を成し遂げ、日本政府やGHQに日本人の引き揚げを訴え続けた方ですが、どのような印象を持たれましたか。

 理想の在り方を求める純粋さと、自分を動かすパワーを持ち、悪法は変えていかなければいけないと戦い続けた人だと思います。ただ、そのひたむきさは、一方では危険でもあり、この男が暴走すると怖いぞ…とも感じました。

-外交官でも政治家でもなく、満州製鉄株式会社の一社員ということも意外でした。

 大学で政治学を学んだ学者肌の方だから、こういうことができたんでしょうね。劇中に「病気、暴力、寒さ、飢えから同胞を救えるのは最終的に武力ではない、人間の信念だけだ。政治を学ぶということは、その信念を学ぶことだ」という彼らしいせりふがあるんです。

-どのような役作りをされましたか。

 イメージは「危なっかしいおじさん」。自分の信念だけで動く人なので、資金もないのに行動に出ようとする、少し抜けている感じもうまく出せればいいなと思っていました。それから、丸山さんが日比谷で行った「至誠天に通ず」というスピーチの写しを持って、撮影中も時折読み返していました。満州に引き揚げ船を出すことが急務であることを情熱的かつ論理明晰(めいせき)に語っているのですが、つまりは「真の思いを持って事に当たれば、必ずそれは天に届く」というメッセージなんです。その諦めない不屈の精神こそが彼の原動力と思い、演じる上での核にしていました。

-英語が堪能な役柄で、流ちょうに話されていましたが、もともと得意なのですか。

 大学時代に英語劇はやっていたけれど、海外留学の経験もないし、ネイティブのように話せるわけでもないので、企画を頂いた時点で、プロデューサーに「私でいいの?」と確認しました。だから特訓の毎日でしたよ。「あんたの英語が上手過ぎたから、俺たちは捕まったんだ」と非難されるせりふがあって、それが一番のプレッシャーでした(笑)。