エンタメ

【インタビュー】『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック チームワークやリーダーについて語る

【インタビュー】『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック チームワークやリーダーについて語る 画像1

 ターゲットは1億5000万ドルの宝石、舞台は全世界に配信中のファッションの祭典。『オーシャンズ』史上、最も大胆かつゴージャスな犯罪計画は果たして成功するのか…。10日公開の『オーシャンズ8』で、チームリーダーのデビ―・オーシャンを演じたサンドラ・ブロックが、チームワークやリーダーについて語った。

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,

 『オーシャンズ8』のメンバーはみな個性的。クールな判断力を武器にデビ―をサポートする頼れる右腕ルー(ケイト・ブランシェット)、一匹狼的な天才ハッカーのナインボール(リアーナ)、そして犯罪とは無縁なはずの気弱なファッションデザイナー ローズ(ヘレナ・ボナム=カーター)など、性格も特技もバラバラだ。デビーは、そんな彼女たちの得意技を生かしながら、リーダーとしてチームをまとめていく。

 まず、いいチームを作り出す秘訣(ひけつ)についてサンドラは「必要なことは、自分がこれまでに得た知識や情報を共有すること。これまでの人生で学んできたことや、体験してきたことを共有するのです。そうすることで、それがどんどん人の役に立っていくはず。まさにペイ・イット・フォワードです」と話した。

 また「お互いをサポートすることも大事。人は、いつか自分が輝くために頑張っていると思うし、やりたいこともそれぞれあると思います。でも、誰かをサポートする役になることも大事なのです。そのときはスポットライトが当たらないかもしれない。けれど、いつか必ず自分の番は回ってくるのです」とチームの仲間同士が、互いに補完し合うことの大切さを語った。

 さらにサンドラは「(この映画の)デビ―には、人の才能を見抜く力があるんです。そして個性の強いチームをまとめ上げることができる。だから私は自分が前面に出ないように心掛けました。みんなを後ろから静かに見守り、それぞれに輝いてほしかったのです」と、リーダー役としてのこだわりについても語った。