エンタメ

【インタビュー】『きらきら眼鏡』池脇千鶴「見終わった後、皆さんの心が温かくなってもらえたら」

【インタビュー】『きらきら眼鏡』池脇千鶴「見終わった後、皆さんの心が温かくなってもらえたら」 画像1

-明海役の金井浩人さんの印象は?

 明海役が決まる前は、「どういう人が来るのかな?」と楽しみにしていました。決まったと聞いて写真を見せてもらったら、目に深い闇を抱えているように見えたので「すごくいいな」と感じたことを覚えています。やっぱり、人間を演じるには深みが必要ですから。いい目をした人に決まってよかったな…と。

-実際に金井さんとお芝居をしてみた印象は?

 “新人”というお話でしたが、一体どこが新人なんだろうと(笑)。いわゆる“新人”とは違い、ちゃんと出来上がっている人で、お芝居もとても上手。完成した映画を見たときも、なんでこんなに普通にしゃべれるんだろうと、改めて驚いたぐらいです。わざとらしさが一切なく、映画を見ていて、気分をそがれることが全くない。素直に、明海くんとして見続けてしまう。「どんなことを言うんだろう?」という感じで、吸引力がすごかったです。

-映画本編はワンシーン、ワンカットの長い場面が多かったですが、演じてみていかがでしたか。

 「これで決めちゃうんだ、カッコいい!」と思いました(笑)。演じる側としては、ワンシーン、ワンカットは、怖さや緊張感もありますが、一つのお芝居をじっくり見てもらえるといううれしさがすごくありました。

-撮影で最も苦労した点は?

 肉体的、技術的に一番大変だったのは、明海くんと一緒に服を着たまま海に入るシーン。そこも長回しで撮ったのですが、感情を爆発させる場面でもあったので、何度もやるのは大変なんです。その都度、衣装を替えなければいけないという問題もありますし…。最初は、アングルを変えて2回撮る予定だったのですが、監督とカメラマンさんが話し合い、1回で収めてくれました。ちょうどいい具合に波も来て、うまく撮ってくれたので、とても助かりました。

-ちなみに、この映画の他にも『そこのみにて光輝く』(14)など、池脇さんは海に入ることが多い気がしますが…。

 そうなんです。他の映画やドラマでも、着衣のまま海に入ることがすごく多くて…。自分でも「よく海に入るなぁ…」と思っています(笑)。金井くんからも「池脇さん、毎回、海に入っていませんか?」と言われました(笑)。

-観客には、この映画をどんなふうに受け止めてもらいたいですか。

 とても優しい映画です。悲しい部分もあるけど、それほど重苦しいわけではなく、どこか晴れ晴れとして、気持ちが浄化される…。そんな作品になっているので、見終わった後、皆さんの心が温かくなってもらえたらうれしいです。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)森沢明夫/双葉社 (C)2018「きらきら眼鏡」製作委員会