エンタメ

初挑戦の朝ドラで撮影に追われる日々…乗り切る秘訣は「楽に演じること」 長谷川博己(立花萬平)【「まんぷく」インタビュー】

初挑戦の朝ドラで撮影に追われる日々…乗り切る秘訣は「楽に演じること」 長谷川博己(立花萬平)【「まんぷく」インタビュー】 画像1

 インスタントラーメンを生み出した夫婦の知られざる物語を描いた本作で、ヒロイン福子(安藤サクラ)の夫で実業家の立花萬平役を演じている長谷川博己。「朝ドラヒロインの相手役俳優にはいいことがない」。そんなジンクスを何となく信じて敬遠してきたものの、40代に突入して考えも変わり、今最も勢いがあるドラマ枠へ参戦した長谷川が、撮影真っただ中の現在の心中を語ってくれた。

立花萬平役の長谷川博己

-第1週試写会後の会見では「面白い」とおっしゃっていましたが、改めて、このドラマにどのような魅力を感じていますか。

 福田(靖)先生による脚本のテンポや展開がすごく面白くて、戦時下にありながら、どこか朝ドラらしい明るさを残していて、そのバランスがものすごくいいですよね。キャラクターも生き生きとしているので、役者なら「自分も出たい」と思うんじゃないかな。実際、共演者の皆さんも楽しんでやっていらっしゃるので、そこも伝わればうれしいです。

-インスタントラーメンの開発者・安藤百福さんをモチーフにしたキャラクターを演じることについて率直な感想は?

 インスタントラーメンは今や世界中の誰もが知っている商品で、すごい発明ですよね。それがどうやって誕生したのかという過程にはとても興味がありますし、演じられることはとても光栄です。

-ドラマでの萬平はどのようなキャラクターでしょうか。

 幼い頃に両親を亡くして、親戚の家を転々としていた暗い過去があるので、台本のト書きには「ため息ばかりついている」とありますが、ネガティブなばかりではなく、明るい印象もあります。それは、若くして会社を設立し、事業を興してから、いつも自分で人生を切り開き、孤独に生き抜いてきたたくましさも持ち合わせているからだと思います。

-ご自身と共通する部分はありますか。

 僕も物を作るという職人肌なところは共感できます。悩んだときに、パッとしたひらめきで打開することもあるので、そんなところもいろいろなものを発明していた萬平と似ているかもしれません。

-役作りではどのような工夫をされていますか。

 今回、長いスパンで毎日のように撮影をする朝ドラでは、細かく作り込むというよりは、役を自分に引き付けた方がいいのかな…と考えて臨んでいます。なので、いい意味で少し楽に演じるようにしています。自分の部分を出したり、自分に近づけながら演じたりしています。

-やはり普通のドラマと朝ドラでは臨み方が違うようですね。

 そうですね。15分間という時間の中で、視聴者の方に楽しんでもらうためには1時間や2時間のドラマとは違うと思いますし、時間も限られているので、それだと心も体も持ちません。悩むのが性なので自問自答しながらやっていますが、最近はペースをつかめているかなという気はしています。