エンタメ

【インタビュー】舞台「Kiss Me You~がんばったシンプー達へ~」平林晃季 「未熟ながらも、がむしゃらに」特攻隊の青年役で“役者人生の一歩”を踏み出す

【インタビュー】舞台「Kiss Me You~がんばったシンプー達へ~」平林晃季 「未熟ながらも、がむしゃらに」特攻隊の青年役で“役者人生の一歩”を踏み出す 画像1

-卒業後、役者を目指すために芸能事務所に入り、環境が一新しましたが、新たな生活はいかがでしたか。

 自分が思った以上に仕事が決まらなくて(笑)。事務所に入ったのが19歳のときだったのですが、20歳になったのを境に「このままじゃ駄目だ」「もっと頑張ろう」と思って気合を入れ直したところ、徐々に仕事がもらえるようになりました。今回の舞台も決まり、やっと努力の成果が出てきたかな、という感じです。

-オーディションに受かるようになってきたということですか。

 はい。これまでは書類選考で落ちてしまうことが多かったのですが、体のプロポーションなどを気に掛け、筋肉など、磨けるところを磨くようにすると、その変化が顔にも表れてきたのか、それからどんどん選考も通るようになってきました。まだ小さな役が多いですが、今回の舞台で得た経験を糧に、いろんな役をつかめるようになれたらと思います。

-理想とする俳優像を教えてください。

 最終的には「カメレオン俳優」と言ってもらえるような役者になりたいです。夢のまた夢なんですけど(笑)。どんな役でもできる、今でいうと、山田孝之さんみたいな存在ですね。かっこよさで言うと、山崎賢人さんに憧れます。

-今後やってみたい役は?

 学生役やヒロインの恋人役など。いつか主演もできたらと思います。

-この舞台で、多くの人が平林さんを知ることになります。メッセージをお願いします。

 僕はこの世界に入って短いので、まだまだ未熟ですが、未熟ながらも、がむしゃらに頑張って「こいつ、やるな」と思ってもらえるぐらい、演技で魅せていけたらいいなと思います。

-最後に改めて舞台への意気込みをお願いします。

 初舞台なのですが、自信を持って思いっ切り演じたいです。見てくれている方々に「この子いいね」という印象をつけられるような舞台にしたいと思います。

(取材・文・写真/山中京子)

公式サイト http://www.airstudio.jp/index_181010kissme.html