エンタメ

「第38回の台本を読んだときは、つらくて泣いてしまいました」柏木由紀(西郷園)【「西郷どん」インタビュー】

「第38回の台本を読んだときは、つらくて泣いてしまいました」柏木由紀(西郷園)【「西郷どん」インタビュー】 画像1

 新政府軍と旧幕府勢力が激突した戊辰戦争。その戦いは、西郷吉之助(鈴木亮平)の故郷・薩摩で暮らす女性たちとも無縁ではない。その1人が、西郷家の次男・吉二郎(渡部豪太)の妻・園だ。戊辰戦争で命を落とした吉二郎の遺志を継ぎ、西郷家を支えていくこととなる。演じるのは、鹿児島県出身で人気アイドルグループAKB48のメンバーとして活躍する柏木由紀。夫・吉二郎との悲しい別れを経験した第38回の舞台裏、西郷園という役に込めた思いなどを聞いた。

西郷園役の柏木由紀

-第38回は園の夫・吉二郎が亡くなる悲しいエピソードでした。台本を読んだときの感想は?

 その場面がくることは、撮影中も頭の片隅にありましたが、実際に台本を読んだら、とてもつらくて泣いてしまいました。しかも、台本を頂いたのは撮影の1カ月ぐらい前だったのですが、毎日寝る前に繰り返し読んでいたら、朝晩つらい気持ちになってしまって…。他のお仕事をしていても、そのことがずっと頭から離れず、大変でした。とはいえ、そんな中にも、薩摩隼人らしく「戦(いくさ)働きがしたい」という吉二郎さんのカッコよさを感じて、園はこの人と一緒になることができて幸せだったろうなと、改めて思いました。

-実際に演じてみていかかでしたか。

 台本を読んでいるときは、正直、気持ちが追いつかず、「戦に出たいという旦那さんの背中を、こんなふうに押せるものかな?」と思っていました。だけど、撮影のときに吉二郎さんの顔を見て、「自分も戦に行きたい」という思いを知ったら、「この人が勇気を出して初めてやりたいと言ったことを応援できるのは、自分しかいない」という気持ちが自然と湧いてきました。なので、亡くなったときも、「自分が送り出してしまった」という後悔よりも、「よく頑張りました。お疲れさまでした」という感情があふれてきました。

-改めて、故郷・鹿児島に縁のある作品で大河ドラマ初出演を飾った感想は?

 放送が始まる前から、地元がものすごく盛り上がっていることを知っていて、私も第1回から放送を見ていたんです。そんな作品に出演できるとは思ってもいなかったので、お話を頂いたときはとても驚きましたが、やっぱりうれしかったです。西郷園という役も、昔から母や周りの人たちを見て感じていた“薩摩おごじょ”らしい理想の女性だなという印象を受けました。

-理想の女性ということで、園に共感する部分も多いのでしょうか。

 多いです。嫁いできた以上は西郷家の役に立ちたいという気持ちを持って演じていますが、私自身もみんなを引っ張っていくより、他の人を応援したり、手伝ったりする方が性格的に合っています。だから、演じていて無理をしている感じがしません。

-テレビで見ていた西郷家の中に入ってみた感想は?

 最初にセットに入ったときは「ああ…西郷家だ…!」と、感極まるものがありました(笑)。他の皆さんは既に1年ぐらい撮影されている中に加わるので、とても緊張していたのですが、皆さんが明るく入りやすい雰囲気を作ってくださったおかげで、自然となじむことができました。今はとても楽しく撮影させていただいています。