エンタメ

【インタビュー】『殺る女』知英「監督から『この役は知英さんしかない』と言われました」

【インタビュー】『殺る女』知英「監督から『この役は知英さんしかない』と言われました」 画像1

-劇中では日本語と英語のせりふを使い分けていますが、難しさはありましたか。

 英語のせりふには慣れていなかったので少し緊張しましたが、日本語の場面と英語の場面がはっきり分かれていたので、無事に乗り切ることができました。

-現場の雰囲気はいかがでしたか。

 役が役だったので、私自身は、静かにしていました。ただ、スタッフさんたちは監督といつも組んでいる常連の人たちが集まっていたので、チームワークはすごく良かったです。

-ガンアクションも披露していますが、感想は?

 今までも映画で銃を使った経験はありますが、今回は絶対に失敗しないプロ中のプロという役。そういう役にふさわしい銃の持ち方やカッコいい射撃の方法は、改めて現場で指導してもらいました。本番では火薬が入っているものを使うので、細心の注意が必要でしたが、引き金を引くと本物のような反動と音がするので、集中しました。

-ガンアクションで難しかった点は?

 火薬を使うのは本番のときだけなので、NGを出すともう一度準備しなければなりません。血糊も、衣装を着替えて改めて準備することになるので、NGを出すと大幅な時間のロスになるんです。そういう意味でプレッシャーはありました。だから、本番でNGを出さないよう、集中してしっかりリハーサルを行うように心掛けました。

-この作品を踏まえて今後、どんな役に挑戦してみたいですか。

 今回はハードな役を演じたので、次はまた全然違った役をやってみたいです。例えば、ガラッと変わってラブストーリーとか。意外に思われがちですが、実は今までラブストーリーの経験がないんです(笑)。今までも一人七役などに挑戦してきましたが、経験したことのない役を演じられるのが女優の面白さ。自分でイメージを固定せず、これからも挑戦を続けていきたいです。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)2018「殺る女」製作委員会