エンタメ

「大久保さんの妻らしく、なるべく手際よく振る舞うことを心掛けました」美村里江(大久保満寿)【「西郷どん」インタビュー】

「大久保さんの妻らしく、なるべく手際よく振る舞うことを心掛けました」美村里江(大久保満寿)【「西郷どん」インタビュー】 画像1

 各地で士族たちの反乱が勃発する中、政府の中枢で活躍する大久保利通(瑛太)の家族にも危険が及び始める。難を逃れるため、鹿児島で暮らしていた妻の満寿は、ついに子どもたちを連れて東京へ。だが、東京には大久保との間に息子・達熊をもうけた元芸妓・ゆう(内田有紀)がいた…。物語が緊迫の度合いを増す中、第44回では懸案だった大久保の家族の問題がユニークな形で山場を迎えた。薩摩時代から大久保を支えてきた満寿を演じる美村里江が、これまでの撮影を振り返ってくれた。

大久保満寿役の美村里江

-第44回、東京にやって来た満寿は、ついにゆうと対面しました。

 内田さんも私も「何を話すのかな?」と、とても楽しみにしていたんです。女同士の本音のぶつかり合いは、中園(ミホ/脚本家)さんの得意とされるところ(笑)。どんな台本になるのか楽しみに待っていたら、意外にも何を話したのか明らかにしないという展開。本妻対愛人として思い切りやり合いたかった気持ちもありますが、中身をつまびらかにしないことで、大久保さんに謎のプレッシャーがかかるというのも面白かったです(笑)。

-これまで大久保の妻として満寿を演じてきた印象は?

 大久保夫妻に対する私の印象は「器用になりたい不器用な人たち」。2人ともどんどん変化していけばいいと考えているけど、その実、なかなか変わることができない不器用な面がある。大久保さんは立場も変わったし、ひげを生やして洋服を着たりしているけど、その本質は変わっていない。昔ながらの嫁として大久保家を守ることを考え、ゆうとの対面を避けてきた満寿からも、現状を維持しようとする意識がうかがえます。そういうふうに、先進的に見えて保守的なところがある者同士の2人だったから、夫婦でいられたのではないかなと。どちらかが器用に変わっていったら、夫婦の関係を続けるのは難しかったのではないでしょうか。

-満寿は大久保をどんなふうに見ていたのでしょうか。

 その点で、印象に残っているのが第20回です。「なぜ、自分は吉之助のようにできないのか」と嘆く大久保さんに、ほほ笑みながら歩み寄り「あなたは西郷吉之助さまになりたいのですか?私はそのままのあなたがいい」と告げる場面がありました。満寿としては、「ようやく本当のことを話してくれた」といううれしさがあると同時に、「ほんのこて情けなかなあ」とも思っている。だけど、それは悪い意味での「情けない」ではなく、「しょうがないわねぇ」と、大久保の全てを抱え込もうとする思いが込められている。それこそ本当の愛情ですよね。

-2人の夫婦愛を示す印象的な場面でした。

 ただ、そのときは、まだ大久保さんの全てを受けとめる器としては、満寿自身も不足していて、一生懸命大きくしていきたいという気持ちだったと思います。そして、周りからどんなに「変わった」と言われても、その内側にある、少し臆病で、西郷さんのようになりたいと思っている大久保さんから、自分だけは目をそらさないでいようと。それが妻としての矜持(きょうじ)であり、西郷さんとは別の意味で、一番近くで見守ってきた人間の強さではないかと。

-満寿を演じる上で、心掛けたことは?

 なるべく手際よく振る舞うことです。不器用というのは性格的な意味合いに過ぎません。初登場のとき、囲碁を打つ場面もあったように、日常的なことに関して満寿は、二手、三手先を考えて動ける人。大久保さんのスピードと切れ者感にも付いていける人でなければいけませんし。今もよく覚えているのが、何も言われないのに大久保さんの考えを察して、お漬物を手に「お父さまのところにあいさつに行ってきます」と出掛けて行った場面(第17回)。ものすごい速さでお漬物を包んで、さっさと出ていくんです(笑)。あそこは映像的に少しうそをついていて、普通だったら有り得ないスピード。だけど、満寿ならできるかも…と思える。そういう面白いキャラクターでしたね。