エンタメ

【インタビュー】『Bの戦場』ガンバレルーヤ・よしこ、初主演映画は恋愛ドキュメンタリー!?速水もこみち&大野拓朗にガチ恋

【インタビュー】『Bの戦場』ガンバレルーヤ・よしこ、初主演映画は恋愛ドキュメンタリー!?速水もこみち&大野拓朗にガチ恋 画像1

 誰もが認める「絶世のブス」のウエディングプランナー・香澄(よしこ)が、“意識の高いB専”のイケメン上司・久世(速水もこみち)と、優しい仕事仲間のフラワーコーディネーター・武内(大野拓朗)との間で揺れ動く姿を描いた恋愛映画『Bの戦場』。本作で、映画初出演にして初主演を務めたガンバレルーヤ・よしこが、撮影時のエピソードや理想の結婚などを語ってくれた。

ウエディングプランナーの香澄を演じたガンバレルーヤ・よしこ

-デビュー作で主演ですが、オファーを受けたときの率直な感想は?

 うれしかったのと緊張したのと、「絶世のブス」役と聞いて、役作りが難しいと思いました(笑)。原作を読んだ日の夜は、2人の男に取り合われるんだ…と興奮して眠れませんでした。

-どのように役にアプローチしていきましたか。

 (並木道子)監督にどうしたらいいかを聞いたら、「そのままでいいよ」と言われましたが、香澄ちゃんが真っすぐで、仕事に対しても真面目なので、内面をきれいにして臨もうと思いました。演技で悩んだときは、並木監督が実際に演じて指導してくれましたが、女優みたいに、美人で正解の演技まで出してくるから、そのあとは自分が何をやっても納得できなかったです…。一番難しかったのは女の子っぽさを出すことで、ついガニ股になってしまったときは、もこみちさんを見て、女としての本能を呼び覚ましていました。

-香澄との共通性は見いだせましたか。

 自分の結婚を諦めて、他人の幸せのために仕事を頑張っている部分は似ていると思います。私も好きな人の前だとボケるのが恥ずかしいから、芸人をしている限り結婚はできないと思います。だからこそ芸人として、いろんな人を笑わせて幸せにしたいです。

-芸人さんはコントや漫才で芝居に慣れていますが、演技に対する不安やプレッシャーはあったのでしょうか。

 コントは広い劇場の中でやるし、お客さんとの距離も結構あるけど、映像の場合はカメラもマイクも照明も近く、40人ぐらいのスタッフさんが見ている中で自分が考えている演技をやらなければいけないので、リハーサルからすっごい緊張して慣れなかったです。肝っ玉が座っていないとできないので役者さんはすごいですね。尊敬します。

-またオファーがあったときにはどうしますか。

 やってみたいです。殺人犯の役とか、朝ドラに興味があります。でもやっぱりイケメンと恋する役がいいかな。今回は公私混同ですけど、仕事を忘れてドキドキして、いい思い出になったので、また恋愛ものをやりたいです。

-もこみちさんと大野さんに本当に恋をされていたんですね。

 はい。お二人とも演じる役に似ているので、私も香澄ちゃんを通して、もこみちさんと大野さんに恋をして幸せでした。だから2人の間で揺れ動く感じは簡単に出せました。並木監督からも「今、キュンキュンしてたでしょ?」と言われるぐらい撮影中は素が出ています。芸人・よしこが2人の俳優に本気で恋をしたドキュメンタリー映画です。

-久世と武内のどこに魅力を感じますか。

 久世さんは最初、香澄ちゃんのことを「ドブス」って言ってきて嫌なやつだけど、仕事ではさりげなくフォローしてくれるし、愛し方が真っすぐなので、だんだん私の母性があふれてきて、「もう、しょうがないな!」とのめり込んでいきました。武内さんはB専ではなく、普通に「かわいいよ」と言ってくれるので、その居心地のよさにキュンとしました。