エンタメ

【インタビュー】「連続ドラマW 絶叫」尾野真千子「台本を読んで『私もこうなっていたかも…』と思い、ゾクッとしました」

【インタビュー】「連続ドラマW 絶叫」尾野真千子「台本を読んで『私もこうなっていたかも…』と思い、ゾクッとしました」 画像1

-そういう部分でのお芝居の違いも見どころですね。ところで、陽子と関わる悪徳NPO法人の代表・神代武を演じる安田顕さんとは一緒にお芝居をするのは初めてだったそうですが、印象は?

 本物の悪徳業者にしか見えません(笑)。何を考えているか分からない目の奥を見ていると、引き込まれそうになります。陽子が神代から優しい言葉を掛けられる場面を撮影したときも、「この人に引き込まれたい」と、思わず心が動いてしまって…。そういう「ずるさ」を感じて、みんなが悪徳業者にだまされるのも分かるな…と。それぐらいリアルな役作りをされています。

-現在、撮影の真っ最中だと思いますが、現場の雰囲気はいかがですか。

 とてもいいチームで、毎日楽しく過ごしています。きちんと芝居を中心に撮ってくれるのもありがたいなと。おかげで、迷いなく演じることができますし。芝居に専念できる上に、スタッフも大好きな人たちが集まっています。こんなにストレスのない幸せな現場は、滅多にありません。これに慣れてしまうと、他の現場に行けなくなるのではないかと心配なぐらいです(笑)。

-この作品は社会派サスペンスであると同時に、陽子の壮絶な生きざまを描いた人間ドラマでもあります。劇中にも「生きるって、あがくことじゃないかな」という印象的なせりふがありますが、尾野さんにとって「生きる」とは?

 「生きる」は「生きる」です。命をもらったんだから、諦めちゃ駄目。生きなきゃいけない。その点は、陽子にも通じるものがあります。彼女も結局、生きるためにもがいているわけですから。ただ、選択を間違えただけ。だからこそ、私たちはそうならないようにしなければいけない。簡単に答えの見つかる問題ではありませんし、生きていればいろいろなことがありますけど、それは誰にとっても当たり前のこと。「生きる」って大変だけど、その当たり前のことのために頑張らなきゃいけないなと思っています。

(取材・写真・文/井上健一)

「連続ドラマW 絶叫」(C)WOWOW