エンタメ

朝ドラ100作目のヒロイン抜てきは最強運のおかげ!「せっかくだから楽しみたい」広瀬すず(奥原なつ)【「なつぞら」インタビュー】

朝ドラ100作目のヒロイン抜てきは最強運のおかげ!「せっかくだから楽しみたい」広瀬すず(奥原なつ)【「なつぞら」インタビュー】 画像1

-劇中、気になる登場人物はいますか。

 山田裕貴くん演じる小畑雪次郎くんは、なつの幼なじみで同志のような関係だから、一緒にいると心強さや温かさをもらえるので好きなキャラクターです。彼を含むお菓子屋の小畑家(とよ役/高畑淳子、雪之助役/安田顕、妙子役/仙道敦子)は「劇団小畑」と呼べるぐらい、見ていて面白くて幸せになれるので、毎週1シーンは全員で出てほしいです。

-内村光良さんのナレーションの感想を教えてください。

 「なつよ」と語り掛けるようにナレーションが始まるのが印象的で、毎回なんて言われるんだろう…とドキドキします。内村さんの声には包み込むような優しさがあって、「一人じゃないんだ…」と救われます。

-新年号初、そして100作目の朝ドラヒロインという巡り合わせについてはどう考えていますか。

 人や作品との巡り合わせの運が異常に強いので、自分なんかで申し訳ないと思いつつも、また運使っちゃった!という幸せな気分です。昨年のNHK紅白歌合戦でも「平成最後」という特別な言葉に出会わせてもらったので、この時代に生まれたことにも感謝しています。でも、そう思えるようになったのは、以前、共演させていただいた先輩のおかげです。「せっかくだから楽しみなよ」と言われたことで気持ちが楽になりました。都合のいい言葉かもしれないし、大きなポジションに立たせてもらうことに、もっと重さを感じなきゃ駄目だろうけど、感じ過ぎても自滅するだけなので、せっかくだから楽しみたいです!

(取材・文/錦怜那)