エンタメ

【インタビュー】「明治東亰恋伽」伊原六花 映画&ドラマでW主演 自分なりの“芽衣ちゃん”に自信!

【インタビュー】「明治東亰恋伽」伊原六花 映画&ドラマでW主演 自分なりの“芽衣ちゃん”に自信! 画像1

-初座長の感想は。

 役者として何も知らないので、座長なんて恐れ多いです。今回はこのキャストじゃないと成り立ちませんでした。すごく助けていただいたし、いつも「よくやってるよ」と褒めてくださいました。だからこそ何とかやり切れました。

-「チア☆ダン」以降もドラマ出演が続き、女優として滑り出しは順調ですね。

 いろんなドラマに出させてもらうなど、この1年間で新しいことにたくさんチャレンジさせてもらってワクワクもしたけど、できないことばかりで悔しい思いもしました。でも、いろんな方に支えられてやりきった感があるし、この仕事で頑張っていきたいという決意はできました。

-悔しいこととは?

 芝居を作り込む作業がまだ分からないので、自分なりにその役をかみ砕いて演じても、思ったものと違うと感じることがあります。あとは、演じるキャラクターが何かに秀でているなら、私もそれを極めてから演じたいけど、時間の制約はもちろん、自分の技量不足でやり切れないので、これからはいろんな方面で土台を作り、できることを増やしたいです。

-ちなみに、もともと女優になりたかったのでしょうか。

 全く考えていませんでした。芝居も歌もダンスも好きで、子どもの頃はミュージカルも習っていましたが、高校ではダンス一本だったので、当初は大学でダンスをやろうと思っていました。その中で今の事務所に声を掛けてもらいましたが、最初は厳しい世界だから無謀かな…と悩みました。でも、せっかくのチャンスだし、自分が一番好きなことを表現できる仕事なので一歩を踏み出しました。

-憧れの女優はいますか。

 蒼井優さんはバレエをやられていたからしぐさや表情に品があってきれいだし、見る側が感情移入できる振り切った演技がすてきで憧れます。

-今後はどのような作品に挑戦したいですか。

 こういう非現実的な世界観の作品やかわいい女の子を演じることも楽しいですが、映画『怒り』(16)みたいな、実際の出来事を基にした作品などで、リアリティーが求められる役もいつか演じられるようになりたいです。舞台にも立ちたいので、ダンスも続けて、エンタメ界でオールマイティーに活躍したいです!

(取材・文・写真/錦怜那)