エンタメ

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】 画像1

-特に印象的なシーンはありますか。

 そうですね…。咲莉ちゃんの印象的なシーンも大体が草刈さんとのシーンでしたからね(笑)。でも、最初になっちゃんを北海道に連れてくるシーンは大事だと思いながら演じていました。原っぱで駆け回るところは草の丈が高くて、身長が低い咲莉ちゃんは大変そうでしたよ。

-皆さん、北海道ロケを満喫したようですが、藤木さんはどうでしたか。

 北海道の夏は短いということで、ロケは去年の6月に早めに始まり、まさに“夏空”のもとで気持ちよく撮影ができると思いましたが、実際は天気が悪くて、雨の日は牛舎内のシーンで乗り切りました。照明で外光を作るのにも時間がかかって、1時間に3カットぐらいしか撮れないから、ちゃんと終わるのか心配になりました。でも、そんな苦労も乗り越え、冬のロケでは撮影の合間にはワカサギ釣りに行ったり、氷点下の中でずっと冷えたビールを飲んだり、とても楽しかったです。豚丼も初めて食べたら、びっくりするほどおいしかったので買って帰りました。

-藤木さんのお子さんも3人で、柴田家と同じですよね。

 年齢も子役時代の設定と全く同じなので、あて書きしたの?と驚きました。だからこそ、現実世界でなっちゃんみたいな存在が現れたときに、自分なら受け止められるか…と考えると難しいですね。いい子に育ってくれればうまくいくのかもしれないけど、自分の子どもでさえどう育つか分からないし、子育ての正解もよく分からないから、他人の子どもを受け入れることは強いし、すごいことだと改めて思います。まぁ、剛男は無責任に連れてきただけですけどね(笑)。

(取材・文/錦怜那)