エンタメ

【インタビュー】『アラジン』作曲アラン・メンケン「今回の僕のベイビーは『スピーチレス』です」

【インタビュー】『アラジン』作曲アラン・メンケン「今回の僕のベイビーは『スピーチレス』です」 画像1

-今回、魔人のジーニー役がアニメ版のロビン・ウィリアムズからウィル・スミスに変わりました。先ほど俳優ではなくキャラクターを思って曲を作ると…。

 あなたの質問の内容に想像がついたので先に答えさせてください(笑)。実は今回ウィルとはほとんど一緒に作業はしていません。基本的に「曲はこういうふうにする」とは決めていましたが、ウィルの「自分はこうしたい」という考えを踏まえて、彼の主導でレコーディングをしてもらいました。もちろん「アレンジOK」のサインは僕が出しますが、いいものを作ってくれたと思って拍手をしました。今回は僕以外の音楽チームを撮影先のロンドンに派遣してウィルと一緒に作業をしてもらいました。僕はニューヨークに住んでいて、何カ月もロンドンに移住することはできないので(笑)、基本的には彼らに任せて、ウィルをサポートしてもらいました。その結果、僕の想像以上のものを作ってくれました。ロビンのときは、一緒にリハーサルを重ねて、それが曲の設計図になりましたが、ウィルは自分のものとして表現したかったようなので、共同作業をしたらかえって非生産的だったかもしれません。

-最後に、この映画の見どころ、聴きどころ、そして日本の観客に一言お願いします。

 見どころは、とても現代的なところだと思います。ミュージカル大作の要素と、それを一歩進めた現代性がうまく同居しています。それがちゃんと成立していたので本当にホッとしています。また、娯楽性がとても高いと思います。後は、この映画を見るときはティッシュを忘れずに持っていってください。僕は「ホール・ニュー・ワールド」のシーンのとき、アラジンがジーニーを自由の身にしたときなど、4回ほど泣きましたから。でもそこには「新しいアレンジがうまくいった」という気持ちも入っているので、僕は典型的な観客とは言えないかもしれませんが(笑)。今は映画が完成して本当にハッピーな気持ちです。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.