エンタメ

【インタビュー】『トイ・ストーリー4』 新木優子「コンプレックスが、ギャビー・ギャビーを通して自信につながった」

【インタビュー】『トイ・ストーリー4』 新木優子「コンプレックスが、ギャビー・ギャビーを通して自信につながった」 画像1

 世界初の長編フルCGアニメーションとして映画の歴史を変えた『トイ・ストーリー』シリーズの最終章『トイ・ストーリー4』が、7月12日に公開された。製造不良のためおしゃべりができず、長い間店の奥で忘れられていたアンティーク人形ギャビー・ギャビーを演じた新木優子に、本作の魅力やシリーズに対する思い入れなどを聞いた。

アンティーク人形のギャビー・ギャビーを演じた新木優子

-本作が吹き替え初挑戦ということですが、役作りで心掛けたことなどはありましたか。

 ギャビー・ギャビーというキャラクターは1950年代に作られたアンティークのおもちゃなので、監督からは「昔の海外の女優をモデルに表現してほしい」と指示がありました。声質については、もともと落ち着いていると言われることが多かったので、大きく変えるというよりは、自分の声を生かして、なるべく口調を落ち着かせて雰囲気を出せるように努力しました。

-ギャビー・ギャビーを演じるに当たって役作りなどで苦労した部分はありましたか。

 全てが難しく、新鮮でした。特に声だけの表現が難しくて、自分が想像して出している声と、映像の中で自分の声が芝居をしているのを見ると、ちょっと違うと思うことがすごくあって、最初はとても不安でした。けれど、監督からの指示を受けて工夫をしていくことで自分の中でしっくりくるようになりました。

-ギャビー・ギャビーは製造不良で声が出ないことにとても強いコンプレックスを持っていましたが、新木さんにコンプレックスなどはありますか。

 今までは自分のハスキーな声がとてもコンプレックスで、もっと女の子っぽい、かわいい声がいいなと憧れを持っていましたが、今回、声のお仕事をさせていただいたことで、声を褒めてもらう機会が多くなり、この声が強みだと、ギャビー・ギャビーを通して自信につながりました。

-新木さんにとって『トイ・ストーリー』とはどういう作品でしょうか。

 物心がついたときからそばにあって、当たり前のように見ていた作品です。子どもの頃は映像美や色彩に目を輝かせながら見ていましたが、大人になってから見ると「こんなに深い作品だったんだ」って改めて実感しました。楽しいだけではなく人間関係やおもちゃの大切さを実感させてくれる作品だと思います。

新木優子