エンタメ

綾瀬はるか、パイロットの制服姿を披露 「カッコいい。光栄です」

綾瀬はるか、パイロットの制服姿を披露 「カッコいい。光栄です」 画像1

 「ANA 東京2020オリンピック・パラリンピック開幕1年前イベント」が23日、東京都内で行われ、女優の綾瀬はるかが出席した。

 綾瀬はこの日、東京五輪・パラリンピックを記念した、特別塗装機「HELLO 2020 JET」の中から登場。パイロットの制服に身を包み、「普段パイロットの方が着ているものなので身も心も引き締まります。カッコいいです。光栄です」と笑顔を見せた。

 東京五輪開幕まであと約1年。綾瀬は「選手の方々の熱い試合をここ東京で見られると思うと、とってもワクワクします」と声を弾ませ、その魅力については、「競技をする選手も観戦する人も、スポーツを通じて、世界各国の人たちが国境を超えて触れ合えるところ」と語った。

 実際に間近で見たい競技を問われると「全部見てみたいのですが、大河ドラマ(『いだてん』)をやらせていただいたので、マラソンや陸上競技を見てみたいです」と回答。

 この1年間で頑張りたいこととしては、「いろんな国の言葉を覚えたい」とし、「いろんな所からさまざまな方がいらっしゃるので、少しでも多くの言葉を覚えてコミュニケーションを取れたら楽しいだろうなと思って」と理由を説明した。特に気になる言語を問われると、「いろんな国はあいさつ程度で、英語をやっぱり強化したいと思います」と答えた。

 イベントでは、集まった親子連れ300人らが、開催年である「2020」と、開幕1年前を示す「1」という文字を人文字で制作。

 キャプテンとして掛け声を担当した綾瀬は「いよいよ7月24日、東京2020開幕1年前となります。皆さんも、『HELLO 2020 JET』のように夢や希望をいっぱい詰めて、一緒に盛り上げていきましょう!」と元気に呼び掛けた。