エンタメ

【インタビュー】『喝 風太郎!!』市原隼人「柴田監督とは、芝居を通じて会話できる感覚がありました」柴田啓佑監督「ブレずにできたのは、市原さんがいてくれたおかげ」

【インタビュー】『喝 風太郎!!』市原隼人「柴田監督とは、芝居を通じて会話できる感覚がありました」柴田啓佑監督「ブレずにできたのは、市原さんがいてくれたおかげ」 画像1

-お二人にとって、この映画はどんな作品になったでしょうか。

市原 他とは違う思いもたくさん入っている特別な作品です。風太郎のせりふにもある「生きるしかない」、「命を懸ける」ということについても、改めて学ばせていただきました。

柴田 「生きるしかない」というのは、映画製作にも言えます。時間や予算などさまざまな制約がある中で、作ることが決まっている以上、やるしかない。つまり「生きるしかない」。だから、この映画自体がある種の戦いだと思って、僕は現場の全員と戦うつもりでやっていました。もちろん、市原さんとも。

市原 それは僕も同じです。現場は常に戦いだと思っていますから。何もないのも、気持ち悪いですしね(笑)。

-緊張感を持って現場に臨むということですね。

柴田 そうですね。だから「もっと面白いものはないか」と、ぎりぎりまで探らせてもらいました。

-そういう意味では、この映画が完成して「やり切った」という感覚でしょうか。

市原 どれだけやっても、そういう気持ちにならないのが映画なんです(笑)。正解がないものなので、何がよくて、何が悪いのかは分かりません。ただ、監督と一緒にみこしをしっかり担ぎ切ることが自分の務めだと思って、現場に臨んでいました。

柴田 「やり切った」というのは、僕たちが思うことではなく、お客さまが見て判断することなんです。みこしでも、見ている人間が「すごいな」と感じることが大事なわけですから。だから、いつも「やり切った」という感覚はありません。ただそれでも、風太郎の言うように、前を向いて「生きるしかない」んだろうなと。今はそんなふうに思っています。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)本宮ひろ志/集英社 (C)2019 浜友商事株式会社