エンタメ

【インタビュー】映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』市原隼人「不器用な男の、給食に対する孤独なロマンの話です」

【インタビュー】映画『劇場版 おいしい給食 Final Battle』市原隼人「不器用な男の、給食に対する孤独なロマンの話です」 画像1

 給食マニアの教師と生徒による「どちらが給食をおいしく食べるか」という闘いを描いた学園グルメコメディー、『劇場版 おいしい給食 Final Battle』が3月6日から全国公開される。本作で、ドラマに続いて給食マニアの教師・甘利田幸男を演じた市原隼人に、映画の裏話や、給食の思い出などを聞いた。

市原隼人(Photo:TOMINAGA TOMOKO)

-最初に、この映画(ドラマ)のオファーがあったときは、どう思いましたか。

 この役をどのように捉えたらいいのか、どんな感じで演じたらいいのか…と、とても悩みました。例えば、眼鏡は掛けた方がいいのか、芝居は自然にやるのか、それともファンタジーも混ぜてオーバーにやった方がいいのかなど、結構悩みました。その結果、見せ方よりも在り方を大切にしていこうと考えました。

-それはスタッフと話し合ったりもしたのでしょうか。

 撮影の前日までいろいろと話し合ったりもしましたが、現場に何かを持ち寄ったというよりも、現場の雰囲気を見て、「ここまで振り切ってみようかな」とか、「ここはぎこちなくしてみようかな」などと対応していった感じです。基本的にはぎこちなくて不器用な男の、給食に対する孤独なロマンの話です。だから、給食が彼を救ったり、給食を通して生徒との絆が深まったり、学校や他の教師との距離も縮まったりという話が展開していく、本当に独特な、パラレルワールドのような世界が描かれていきます。

-見た目は堅物なのに、実は給食マニアという二面性がある役を演じた苦労は?

 甘利田は矛盾だらけの男です(笑)。自分でもせりふを言いながら、「この男は一体何なんだろう」と思いました。全ての概念を覆すような男ですが、それでいて人間くさいところもある。他の人はそこに吸い寄せられていくわけです。給食を愛し過ぎる姿が滑稽で笑えますが、無理に笑わせようという気持ちはありません。そこには悲劇もあるのですが、俯瞰( ふかん) で見ると喜劇になるという、そうしたことが作品に投影できていればいいなと思っています。

-実においしそうに給食を食べる姿が映りますが、何か工夫はしましたか。

 普段の食事を抑えて、体重が5キロぐらい落ちた状態にして、給食を喉に通す感覚がより鮮明になるように努めました。これほどまでにいろいろな人に見られながら食事をするのは初めてでした。それから、何となく当たり前のように食べてきた給食の献立の歴史などを僕が解説するので、多くのことが学べて、知識も増えてきたりして、楽しみながら演じることができました。こんなに食べる現場はもう二度とないだろうなと思います。カメラが回っているときだけ食べるというのは、僕にはできないので、それこそジャッキー・チェンのように、ひたすら真面目に食べました。自分でもその姿が好きです。

-給食の献立の歴史などを“心の声”で解説するシーンはいかがでしたか。

 こんなにしゃべったのは初めてなんじゃないかというぐらい、とにかくナレーションの分量がすごいんです。それで、どうナレーションをつけたらいいのかと考えましたが、普通に話したのでは何か物足りないので、時々変化をつけたり、アドリブを入れたりして、回を重ねるごとにどんどん暴走していきました。そんなところも楽しんでいただければ幸いです。