エンタメ

大河ドラマ「麒麟がくる」徳川家康役の風間俊介が初登場! 「皆さんの持っている家康のイメージから、ギャップが出れば」

大河ドラマ「麒麟がくる」徳川家康役の風間俊介が初登場! 「皆さんの持っている家康のイメージから、ギャップが出れば」 画像1

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。5月31日放送の第二十回でついに、戦国三傑の1人、松平元康(後の徳川家康)役の風間俊介が初登場する。放送に先立ち、風間がコメントを発表した。

松平元康(後の徳川家康)役の風間俊介

 「西郷どん」(18)以来2度目の大河ドラマとなる風間は、今回の出演について「『麒麟がくる』の制作が決まったとき、一視聴者としてとても楽しみにしていたのですが、徳川家康役で出演が決まったと聞いて、大変驚きました。大河ドラマへの憧れが強過ぎるせいか、いまだにドキドキして、緊張し続けています」と感想を述べた。

 家康と言えば、誰もが知る江戸幕府の開祖。だが風間は「家康は、一つの固定したイメージだけで描かれるわけではなく、作品の視点によって描かれ方が全く異なりますので、とても多面的で面白い人物だと思います。現代から見た家康は、徳川幕府を開いた人物であり、たぬきであり、すごい人というイメージですけど、これはあくまで晩年の家康」と、演者ならではの視点で冷静に分析する。

 その上で「今演じている元康は、まだ何者でもないですし、立場が弱い武将ですから、晩年の家康からは逆算して考えないようにしています。晩年の家康に至るまでは何十年もかかりますし、小さい頃からそのイメージのまま、ということはありませんので、皆さんの持っている家康のイメージから、ギャップが出ればいいなと思っています」と語っており、戦国の世の中で成長していく家康をどんなふうに演じてくれるのか、楽しみだ。

 さらに、幼少期の家康=竹千代が既に何度か登場していることを踏まえて、「竹千代が僕に変わるということは、他のキャラクターもそれだけ時間を積み重ねてきていますので、『こんなに時間がたったんだ』と、時の流れを感じていただけるのではないかと思います」との言葉も飛び出し、ドラマにさらなる厚みをもたらすことが期待される。

 「松平元康が登場するということは、歴史が大きく動く瞬間でもあります。それぞれの武将の勢力図も変わっていきますので、ここからさらに面白くなると思います」と語る風間は、視聴者に対して「家康だけではなく、この時代の大きくうごめく流れが変わる瞬間に、皆さんぜひ一緒に立ち会っていただきたいと思います」と呼び掛けた。

 また、自身では「あるかどうか分かりませんが、光秀と一緒に干し柿を食べるシーンをやりたいです(笑)」との願望があるらしく、ぜひその実現を期待したい。