エンタメ

【インタビュー】映画『HERO~2020~』廣瀬智紀「一つ一つ突き詰めて作り上げていきました」北原里英「誰かのヒーローになれるような行動をしようと思ってもらえたら」

【インタビュー】映画『HERO~2020~』廣瀬智紀「一つ一つ突き詰めて作り上げていきました」北原里英「誰かのヒーローになれるような行動をしようと思ってもらえたら」 画像1

 劇作家で演出家の西条みつとしが主宰する劇団「TAIYO MAGIC FILM」の第1回公演作品として12年に上演された「HERO」を、西条が自らメガホンを取り映画化した『HERO~2020~』が6月19日からシネ・リーブル池袋ほかで全国順次公開される。2年間限定の約束で始まった広樹と浅美の恋だったが、広樹には隠している秘密があった。約束の期限の日である2年後、2人の恋を応援する広樹の妹・真菜の起こした行動が大騒動を巻き起こす。19年に再演された舞台版で主人公・広樹を演じた廣瀬智紀と、浅美を演じた北原里英が、映画版でも同役を続投し、笑って泣けるハートウォーミングな物語をつづる。廣瀬と北原に、撮影の裏話や本作の見どころを聞いた。

北原里英(左=スタイリスト:丸山恵理子(オサレカンパニー)、ヘアメイク:MARVEE、オサレカンパニー)と廣瀬智紀(スタイリスト:伊藤省吾(sitor)、ヘアメイク:FUJIU JIMI)

-舞台版に引き続き、同じ役柄での出演になりますが、慣れ親しんだ共演者との撮影はやりやすかったのではないですか。

廣瀬 はい、すごくやりやすかったです。舞台で作ってきたベースがあったので、キャスト同士の関係性もすでに作れていましたし、映画も、西条さんが監督をしてくださっていたこともあって、すんなりと入れる世界観が出来上がっていました。もちろん、映像化するに当たっての課題はあったと思いますが、舞台をやっていたということは一つの強みになったと思います。

北原 私もそう思います。

-最初に本作の脚本を読んだとき、作品のどこに魅力を感じましたか。

廣瀬 僕は、12年の舞台にも出ているので、西条さんとは8年ほどのお付き合いになりますが、西条さんの作品には、伏線を張りながら、最後にどんでん返しがありつつ、みんなが心温まる、見ていてほっこりする、という魅力がどの作品にもあると思います。この作品でも、観客の皆さんは冒頭から「広樹、大丈夫なの?」と思いながら見ると思いますが、最後には「そういうことだったんだ!」と納得できる気持ちよさがあると思うので、僕はそこが大好きです。

北原 私が演じた浅美は、女の子らしくて、奥ゆかしくて、けなげなところが魅力的なキャラクターだと思ったのですが、自分とは全く違うタイプだったので、どう表現したらいいんだろうって、舞台の稽古に入る前は不安でした。

-稽古を重ねることで、手応えをつかんでいったのですか。

北原 徐々に、ですね。稽古の初日に、西条さんに不安な気持ちをお伝えしたら、「そう思っている方が、この先どう変わっていくのか楽しみだ」と言ってくださったので、安心することができました。それから、少しずつ浅美という役を理解していった感じです。

-廣瀬さんは広樹を演じるに当たって、どんなことを意識しましたか。

廣瀬 西条さんから「演じるのではなくて、その人としてそこにいてほしい」というディレクションを頂いたので、それを意識しながら、一つ一つ突き詰めて作り上げていきました。舞台の場合、本番を含めると1カ月半ぐらいの時間を使って稽古ができるので、突き詰めることもできましたし、考えれば考えるほどそのキャラクターに近づいていけたと思うので、その期間があったことはよかったと思います。最終的に、舞台の本番を迎える頃には、ステージに立ったら、自然と広樹として立っていられるようになっていたので。

-舞台版から演技に変化をつけたところはありますか。

北原 私は、ラストのシーンです。舞台では、どうしても感情を強く出してしまいがちだったんですが、映像の場合、そこで感情を爆発させてしまうと違和感が出てしまうので、西条さんと話し合って抑えた演技にしました。でも、舞台と同じシーンを映像の撮影でもやるというのは難しかったです。特に、冒頭の病院で浅美と広樹が会話をしているシーンは、舞台のお稽古でやり過ぎたというぐらい繰り返していたので、演技が体に浸みついていて、変えようと思っても変えられなかったということもありました。

廣瀬 舞台でも、2人の空気感を作る上で大事なシーンだったから、その冒頭のシーンのお稽古はたくさんやったんです。だから、そのシーンだけは特にね。

北原 寝ていても(せりふが)言えそうなぐらいお稽古しました(笑)。

廣瀬 僕は、意識的に変えたというところはなかったですが、秘密を抱えているという役だったので、陰うつな気持ちに成り過ぎてしまって、西条さんから「もうちょっと明るくラフに」というディレクションはありました。確かに、映像では、陰うつさが出過ぎてしまうと、逆に人間らしさを失っているように見えてしまうので、あえて明るく演じているシーンもあります。