エンタメ

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 アユ役の安斉かれん「三浦翔平さんは私にとって“リアルマサ”さんです」

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 アユ役の安斉かれん「三浦翔平さんは私にとって“リアルマサ”さんです」 画像1

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系・毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみとエイベックス会長・松浦勝人の出会いと別れを描いた同名小説をベースに、鈴木おさむが脚本を担当したオリジナル作品。アユ役に抜てきされ、本作で演技に初挑戦している安斉かれんに、作品への思いやドラマの反響、共演者とのエピソードなどを聞いた。

(C)テレビ朝日/AbemaTV,Inc.

-安斉さんにとって本作は女優初挑戦となる作品ですが、出演を決めたときの心境は?

 お話を聞いたときは、私でいいの? という、不安な気持ちが大きかったのですが、やるからには全力でやらせていただこうと決意しました。演技の世界は未知だったので、最初はお芝居をしている自分が恥ずかしいなと戸惑うこともありましたが、演技のレッスンや現場での撮影を経験して、今はすごく楽しみながら演技させていただいています。

-アユを演じる上で、意識していることは? 役作りで行っていることがあれば教えてください。

 浜崎さんのPVをたくさん見て、監督ともお話をたくさんして、あくまでも「ドラマの中のアユ」をどう演じるかということをすごく考えて臨みました。アユが福岡から上京してスターになるまでの長い時間軸のストーリーなので、それをどう表現していくべきかを考えながら演じています。

-マサ役の三浦翔平さんの印象は?

 三浦さんは、現場でたくさん相談に乗ってくださる頼もしい存在です。「ここは自分がこうやって演じるから、笑っちゃっていいよ」とか、演技の面でもたくさんアドバイスをくださって、三浦さんは私にとってのマサさんという感じです。1話の最後に泣くシーンがあったのですが、私が全然泣けなくて…。でも、三浦さんが“リアルマサ”になって「そんなんじゃ、伝わんねーぞ!」って喝を入れてくださったので、感情がより入って泣けました。

-マサの秘書役の田中みな実さん、鬼トレーナー役の水野美紀さんの独特な演技も話題を集めています。先日放送された第2話、第3話のリミックスバージョンのNG集では、お二人の演技に思わず笑ってしまう安斉さんや三浦さんの姿がありましたが、撮影現場はどのような雰囲気ですか。

 田中さんはすごく優しくて、カメラが回っていないところでは私の物まねをしたり、「撮影、頑張ろうね」と書いたお手紙をくださったり、仲良くさせていただいています。その一方で、カメラが回ると姫野礼香になって迫力あるお芝居を間近で見させていただけるので、オンとオフの切り替えが勉強になるなと感動しました。水野さんはすごくアドリブをされる方で、突然「イノシシを~!」と叫んだり、(それを言うんだ!)ということを全部アドリブで言われるので、本番ではすごくびっくりする半面、笑ってしまうこともありました(笑)。

-浜崎あゆみさんについての思いや、思い出、エピソードなどを教えてください。

 浜崎さんの曲は普段生活している中でも聞く機会があるので本当にすごいなと思います。誰もが知る名曲ばかりの印象があります。

-「アユ」と「マサ」の関係性について、どのように感じていますか。

 アユとマサは心の中がピュアだなと思います。原作の小説でも2人の心の中が描かれていますが、ドラマでは、よりドラマチックなせりふがあるので、周りの個性豊かなキャラクターに引っ張られずに、2人はぶれちゃいけないなと思っています。アユとマサの関係を曲げずに大切に演じています。

-2人の関係について、女性として憧れる部分は?

 普通に生活をしていたら、こんな大恋愛ってなかなか経験できることではないと思いますし、自分の人生を変えてしまうような大恋愛なので、憧れというよりも、単純にすごいなと思います。すてきだな、自分もいつか経験できればなって思います。

-本作で描かれている1990年代について、脚本などを通して、どのような時代だったと感じていますか。

 服装も街並みも華やかな時代だなと思います。東京ドームをディスコにしちゃうなんて、今の日本では考えられない時代ですし、私もディスコで扇子を持って踊ってみたかったです(笑)。

-鈴木おさむさんの脚本や演出については、どう感じていますか。

 私はお芝居をするのが初めてだったので、台本を頂いたときは、ドラマってこういうものなんだなと思っていたのですが、放送後に「すごい!」という反響を頂いて、鈴木おさむさんワールドが反映された作品なんだなと感じました。

-ご自身にはどんな反響が届いていますか。

 「90年代が懐かしい」って言ってくれる方がいたり、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さんがインスタライブをしながら見てくださって「本当に面白かった」って言ってくださったり。すごく突っ込みやすいドラマなので、大喜利みたいに、皆さまがいろいろな楽しみ方で見てくれているみたいです。