エンタメ

【インタビュー】映画『ソワレ』村上虹郎「役者次第でどうにでもなる台本。責任重大だと思っていました」 芋生悠「この映画を見た皆さんが、もっと自分を愛せるようになったらうれしい」

【インタビュー】映画『ソワレ』村上虹郎「役者次第でどうにでもなる台本。責任重大だと思っていました」 芋生悠「この映画を見た皆さんが、もっと自分を愛せるようになったらうれしい」 画像1

-翔太とタカラの行動の根底には、「生きづらさ」があるように感じます。今の世の中に生きづらさを感じている人は多いと思いますが、お二人はその点で翔太やタカラに共感する部分はありましたか。

村上 みんな感じていそうですよね。その理由はそれぞれ違うでしょうけど。僕の場合、人生に対する美意識とか、理想みたいなものが自分を一番縛っている気がします。ただ、翔太が感じている生きづらさは、明らかにタカラとは違います。タカラから見たら、翔太は「そんな甘いこと言ってんじゃないよ」という世界で生きている。だから、お客さんには翔太が駄目なやつに見えるかもしれません。とはいえ、それがこの映画の中での翔太の存在意義かな…と。

芋生 社会のことを言い出すと切りがありませんが、私もタカラのように自分のことが嫌いになる瞬間がたくさんあります。それでも、たとえ少なくても、お芝居をする私を見て勇気づけられる人や、応援してくれる両親がいることに励まされて、役者を続けている。そういう意味では、私自身も含めて、みんながもっと「自分のことを好きって言っていいんだよ」と言える雰囲気になったらいいな…とすごく思います。

-それは、タカラにも通じるものがありそうですね。

芋生 そうですね。強そうに見える人でも弱い部分はあるし、助けを求められる人もいれば、自分からSOSを出すことが苦手な人もいます。だから、いろんな悩みを抱えている人に対して「そんなの大したことないでしょ」と突き放すようなことはしたくないな…と。「生きづらさ」はみんなが感じていることなので、メンタルケアをしてくれる場所がもっとたくさんあればいいな…とも思いますし。私自身も、これからは自分のことをもっと愛していきたいですし、この映画を見た皆さんもそう感じてくれたらうれしいです。

(取材・文・写真/井上健一)

(C) 2020ソワレフィルムパートナーズ