エンタメ

【インタビュー】ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」大貫勇輔&永野亮比己「稽古ができること、踊れること、歌えることは当たり前のことではない」

【インタビュー】ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」大貫勇輔&永野亮比己「稽古ができること、踊れること、歌えることは当たり前のことではない」 画像1

 不況にあえぐ英国北部の炭鉱の町を舞台に、一人の少年と彼を取り巻く大人たちの姿を描いた映画『リトル・ダンサー』をミュージカル化した、ミュージカル「ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~」。2017年7月に日本人キャストによって日本初演され、大きな話題を呼んだ本作が、9月11日から再び上演される。初演に続き、主役のビリー役は、約1年にもわたるオーディションが開催され、応募総数1511名の中から4人の少年が選ばれた。ビリーの未来像として登場する、オールダー・ビリー役をWキャストで演じる大貫勇輔と永野亮比己に、作品への思いを聞いた。

オールダー・ビリー役の大貫勇輔(左)と永野亮比己

-7~8月に上演予定だった本作ですが、新型コロナウイルスの影響により中止に。改めて、9月11日からのオープニング公演、それに続く東京、大阪公演が決定しました。強い思いを持って稽古に臨んでいると思いますが、今の率直な気持ちを聞かせてください。

大貫 稽古が始まって本当によかったというのが正直な気持ちです。こうして稽古ができることが、こんなにも幸せなことなんだと改めて感じました。状況的には、まだまだ不安な日々が続いていますが、無事に幕が開くことを信じて稽古しています。

永野 僕も同じです。稽古ができること、踊れること、歌えること、お芝居ができること、みんなで稽古をやることは、当たり前のことだと思っていたんです。でも、それは決して当たり前のことではなかったということを身に染みて感じました。

-大貫さんは前回に続いての出演で、永野さんは本作には今回が初出演になります。今、どんなことを意識して稽古をしていますか。

永野 見るのとやるのでは、こんなにも違うのかということを実感しながら稽古をしています(苦笑)。特に、(オールダー・ビリーとビリーが一緒に踊る)ドリームバレエのシーンは、ビリー役の子とスタッフさんと共に作り上げるシーンなので、何よりもチームワークが大事になってくるんです。ただ美しい踊りを披露すればいいというわけではないので、チームでの作業の難しさを感じていると同時に、やりがいがあって面白いと日々感じています。

大貫 気持ちとしては、また新たな作品を作るという意識で臨んでいます。ただ、今回は海外のクリエーティブチームが来日できない中、リモートを使っての稽古となっているので、初演のメンバーは「こうするとやりやすくなる」「こうすればより良くなる」という、必要なことをみんなに伝える役目も担っています。それは、「前はこうだったから…」ということではなく、みんなで支え合いながら、自分ができることでは全力でサポートしたいという思いからです。新たなものを生み出そうというエネルギーを持って全員で取り組んでいる稽古場だと感じています。

-海外のスタッフはリモートで対応しているとのことですが、それによる苦労はありますか。

大貫 苦労はないです。むしろ、この形でも問題ないことが分かり、僕自身も驚いています(笑)。稽古は問題なく進んでいますので、科学の進歩はすごいなと感じています。

-振り付けに関しては、お二人のダンスの技術が高いからこそ、リモートで成り立っているのでは?

永野 確かに、僕たちはずっとダンス畑で生きているので、言葉で伝えられたことの意味を察知できる利点はあると思います。それに加えて、日本のスタッフの方々がしっかりとサポートしてくださっているので、僕たちはとてもやりやすい中で稽古できています。個人的には、日本の稽古場にはないブロードウェーだったり、ウエストエンドだったりを拠点にされている方の空気感に接する時間が好きなので、生でそれを感じられないことは残念ではありますが。