エンタメ

【インタビュー】ドラマ「緊急事態宣言/ボトルメール」夏帆 自粛明け初の現場で、念願の三木聡監督作品に初挑戦「『現場って楽しいな…』と舞い上がっていました(笑)」

【インタビュー】ドラマ「緊急事態宣言/ボトルメール」夏帆 自粛明け初の現場で、念願の三木聡監督作品に初挑戦「『現場って楽しいな…』と舞い上がっていました(笑)」 画像1

 突如として私たちの日常を一変させた新型コロナウイルス感染症。今も続くその危機の最中、日本を代表する5組の監督と豪華キャストが、“緊急事態”をテーマに自由な発想で作り上げたオムニバス作品「緊急事態宣言」が、Amazon Prime Videoで独占配信されている。5つあるエピソードの中の一つが、「時効警察」シリーズ(06~)など、独特のシュールな作風で人気を集める三木聡監督の「ボトルメール」。第二波がくる少し前。不倫で仕事を干された女優・鈴音のもとに謎のメールが届く。その指示に従い、新作映画のオーディションに出かけた鈴音の前に待ち受けるものとは…。本作に主演した夏帆が、撮影の舞台裏やコロナ禍で感じたことを語ってくれた。

夏帆

-オファーを受けたときのお気持ちは?

 今回、出演する上で一番の決め手になったのは、三木組だったことです。「時効警察」はもちろん、『転々』(07)や『インスタント沼』(09)もずっと見てきて、三木さんにしか作れない独特の世界観がすごく好きだったんです。だから、この世界観に自分も参加してみたいな…とずっと思っていました。

-念願の三木作品ということですが、最初に台本を読んだときの印象は?

 「これは難しいな…」と。すごく面白いんですけど、捉えどころがなく、どういう話なのか、うまく説明できない。全体的には笑えるのに、ホラーっぽい部分もあったりして、不思議な作品ですよね。その上、私が一人でお芝居するシーンが多くて…。一人芝居って、すごく難しいんです。三木さんとの仕事は初めてということもあり、台本を読んでいるときから、「どうやって演じたらいいのかな…?」とあれこれ考えてしまいました。自粛明けで、久しぶりの現場に、なかなかハードな作品を選んでしまったな…と。

-実際に体験してみた三木監督の現場はいかがでしたか。

 撮影は3日間だったので、もう少しやりたかった…というのが正直なところです。ただ、ニュアンスだったり、テンポだったり、他の組とは違う三木さんならではの笑いの作り方に触れられたのは、すごく刺激的でした。そういうものを早くつかむことができれば、もっといろいろなことができただろうな…という反省はありつつも、参加できたことがすごくうれしかったです。

-三木作品の常連、ふせえりさんとの共演場面も多いですね。

 ふせさんとは初めてご一緒させていただくことができたので、うれしかったです。初日は私一人だったのですが、2日目はふせさんや長野(克弘)さん、麻生(久美子)さんといった、三木組常連の方がいらっしゃったので、すごく心強かったです。三木さんとご一緒するのは初めてだったので、やっぱり1人だと心許せなくて、どういうトーンでお芝居をしたらいいのか、手探りの状態で。そこへ、皆さんがいらしてくださったので、「こういうふうにやるのか」と、皆さんのお芝居を、自分が演じる際の手掛かりにさせていただきました。

-ふせさんのお芝居を間近でご覧になった感想は?

 やっぱり、すごいな…と。三木さんから、ちょっとしたしぐさや声のトーンに対して細かく指示が出ると、それを瞬時に理解して、的確にお芝居を変えていくんです。その様子を見て、さすがだな、と圧倒されました。ふせさんのお芝居を生で見て、三木組のテンポ感や世界観みたいなものを垣間見ることができたような気がします。

-そのほか、撮影に関するエピソードを教えてください。

 最初に着ているグレーのTシャツは、私の私物なんです。「とにかくグレーの服を持ってきてください」と言われて持っていったんですが、ふざけたTシャツなのでまさかそのまま採用されるとは思いませんでした(笑)。難しかったのは、オーディションで助監督とエチュード(即興芝居)をやる場面。実際はが決まっているのでエチュードではありませんが、どういう動きにするのか、考えなければいけない。でも、ソーシャルディスタンスも意識しなければいけないし…。本当だったらもっと近寄りたいんだけど、近寄ってはいけない、みたいな動きの制限もあって、大変でした。