エンタメ

【独占ニュース】演出・脚本・三谷幸喜×主演・香取慎吾「誰かが、見ている」 アクションを封印した山本千尋、三谷作品初出演の感想を語る

【独占ニュース】演出・脚本・三谷幸喜×主演・香取慎吾「誰かが、見ている」 アクションを封印した山本千尋、三谷作品初出演の感想を語る 画像1

 Amazon は、Amazon Original ドラマシリーズ『誰かが、見ている』を、9 月18 日からAmazon PrimeVideoでプライム会員向けに独占配信する。本作は、演出・脚本の三谷幸喜と主演の香取慎吾のプロジェクトに、Amazon が企画から参加し、制作した日本オリジナルドラマシリーズの第1弾。

 ストーリーは、書斎の壁に空いている穴を偶然発見した粕谷次郎(佐藤二朗)。その穴をのぞくと、そこには隣人の舎人真一(香取)の姿が。何をやってもドジばかりで、予想もしない失敗を繰り返す真一の姿に、次郎はいつの間にかとりこになってしまう。そんなある日、次郎のひそかな楽しみが、娘のあかね(山本千尋)にばれてしまったことで、事態は思わぬ方向に転がっていく…。というもの。

 三谷演出による思い掛けない仕掛けの数々の中で、香取がユーモラスな演技を披露する。舞台でも、テレビドラマでもない、全く新しい形のライブ感あふれる新感覚エンターテインメントだ。

「誰かが、見ている」次郎(佐藤二朗)とあかね(山本千尋) (c)2020 Amazon Content Services LLC

 本作で、粕谷あかね役を演じた山本千尋が、三谷作品初出演の感想を語った。山本は、幼少期から中国武術を習い、JOC ジュニアオリンピックカップで3部門3年連続優勝。女優デビュー後は、特撮やドラマ、映画など幅広い活躍を見せる注目の若手女優だ。

 山本は、三谷幸喜作品への初出演について、「アメリカのシットコムスタイルのドラマは子どものころからよく見ていたので、本当に自分が出演することになるんだとワクワクする気持ちがありました」と語った。

 続けて「お客さまの前で演じることでテンションがグッと上がりますし、笑い声が直接聞こえるということが何より自分の力になって、本番がこんなにも楽しいものなんだと気付かされました」と明かした。

 とは言え、実力派の俳優がそろう中での撮影は、やはり緊張したという。「終わった後は楽しいのですが、本番前や本番中は、スリルと緊張感でいっぱいでした(笑)。毎話ごとに内容が変わるので、他の先輩方もグッと集中されているのが分かる。私もそれについていかないと、と必死に頑張りました。」と語った。

 さらに「毎日のように三谷さんや、先輩の皆さま方からアドバイスを頂きました。特に佐藤さんからは、声の出し方や、アレンジの仕方とか、本当に勉強をさせていただくことが多くて、間近でご一緒させていただけることがありがたかったです」と感謝を口にした。