エンタメ

【インタビュー】「Oh My Diner」三浦宏規 人生初コメディーで演じるのは「僕そのもの」

【インタビュー】「Oh My Diner」三浦宏規 人生初コメディーで演じるのは「僕そのもの」 画像1

-映像ではなく、舞台や「生であること」にもこだわりがあるのかなと感じていたのですが、それについてはいかがですか。

 映像でのお芝居はやったことが一度もないので、単に知らないというのもあるとは思いますが…。ただ、5歳の頃からバレエをやっていて、大きな舞台に立たせてもらえる環境で過ごしてきたので、こだわりがあるというよりは、それが当たり前に感じているところはあると思います。今回、新型コロナウイルスによって、舞台の上に立てることは当たり前じゃないんだと学びましたが、でも、自分の生き方としては、舞台に携わるというのは「寝る」「食べる」と同じことなんです。

-改めて公演への意気込みを。

 僕の人生で初めてのコメディー作品なので、お客さまに見ていただいて、どんな反応が返ってくるのか楽しみにしています。このカンパニーは、稽古終わりに全員で一緒に帰るぐらい仲がいいんです。そんなカンパニーはあまりないので、それほどいい雰囲気の中で作ることができているんだと思います。そのいい空気感をお客さまにもお見せできたらと思っています。

(取材・文・嶋田真己)

「Oh My Diner」(C)ネルケプランニング /プロマックス

 「Oh My Diner」は11月7日~15日、都内・品川プリンスホテル ステラボールで上演。
公式サイト https://www.nelke.co.jp/stage/ohmydiner/