エンタメ

【インタビュー】WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」竹内涼真 自分自身を演じるユニークなオムニバスドラマに意欲十分「こういう日常的なお芝居がずっとやってみたかった」

【インタビュー】WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」竹内涼真 自分自身を演じるユニークなオムニバスドラマに意欲十分「こういう日常的なお芝居がずっとやってみたかった」 画像1

-劇中には出演作のパロディー的な要素もチラホラと盛り込まれていますね。

 楽しくやらせていただきました(笑)。事務所の先輩の藤原竜也さんや鈴木亮平さんの名前も出てきますし、劇中で流れるドラマのシーンも、元の作品とは全く芝居を変えています。だから、見てくださっていた方には、より楽しんでいただけるのではないでしょうか。

-役者の方は、サスペンスやアクションのような作品では、非日常的なお芝居を求められることも多いと思いますが、この作品ではごく普通の日常的なお芝居が中心です。手応えは?

 自然体の芝居はリラックスできるので、楽しくできたな、という印象です。今まで、こういうお芝居はあまり経験してこなかったので、ずっとやってみたいなと思っていたんです。今回は自分役ではありましたが、台本の世界の中に入っていきやすく、飾らずにできたと思います。

-撮影を終えた感想は?

 全8話ですが、あと2、3話やりたかったな…と思うぐらい楽しかったです。これだけ短期間に、いろんな俳優の方や監督さんとご一緒できたことは、ものすごく勉強になりましたし、もっといろんな方とお仕事したいな…という気持ちになりました。同世代の方と共演する機会も、今まで意外に少なかったので、そういう意味でも楽しかったです。仕事に対するモチベーションもさらに上がりました。

(取材・文/井上健一)

(C)「竹内涼真の撮休」製作委員会