エンタメ

「姉ちゃんの恋人」高橋海人コメント 林遣都との共演で「涙が出た」 奈緒との胸キュンシーンは「フワフワした気持ち」

「姉ちゃんの恋人」高橋海人コメント 林遣都との共演で「涙が出た」 奈緒との胸キュンシーンは「フワフワした気持ち」 画像1

 有村架純が主演するドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)の第7話が、8日に放送される。放送を前に、有村の弟役を演じているKing&Princeの高橋海人からコメントが届いた。

高橋海人 (C)カンテレ

 

 本作は、ホームセンターで働きながら3人の弟を養う“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子(有村)が、職場で出会った吉岡真人(林遣都)に恋をする様子を描く。

 前回は、観覧車の中で桃子が真人に「事件についての正直な思いを聞かせてほしい」と伝えた。涙ながらに自分の思いの丈を吐露する真人に、桃子は「一緒に泣こう。一緒に笑おう。私の恋人になってください」と告白。真人もその思いを受け入れた。

 今回は、恋人となった2人を周囲は祝福するが、真人の過去を知った3兄弟の長男・和輝(高橋)は、一人で真人のもとを訪ねる。

 一方、和輝とみゆき(奈緒)の胸キュンな恋模様も急展開を迎える。予告編では、白いタキシードに身を包んだ和輝が、ウエディングドレス姿のみゆきにキスをしようとする姿が映し出されていたが、果たして2人に一体何が起きたのか…。

 明るく天真らんまんな言動が印象的な和輝の強い思いが表れる第7話。高橋にとっては「憧れの俳優」である林遣都との2人きりの芝居も実現した。林との共演や、第7話の見どころについて、高橋が語った。