エンタメ

【インタビュー】ドラマ「ノースライト」西島秀俊 人生が再生していくドラマに「僕自身にも通じる部分がありました」

【インタビュー】ドラマ「ノースライト」西島秀俊 人生が再生していくドラマに「僕自身にも通じる部分がありました」 画像1

 『クライマーズ・ハイ』や『64』で知られる作家・横山秀夫が、「家族」をテーマに描いた長編推理小説『ノースライト』がドラマ化され、12月12日と19日にNHK総合で全2話として放送される。本作は、一級建築士の主人公が、自分の設計した家に「ブルーノ・タウト」ゆかりのいすを残して姿を消した一家の謎を追うミステリー。本作で、事件の真相を追う主人公の建築士・青瀬稔を演じた西島秀俊に、演じた感想や、共演者とのエピソードなどを聞いた。

主人公の建築士・青瀬稔を演じた西島秀俊

-原作は、横山秀夫さんの小説ですが、最初にオファーを受けたときの感想は?

 横山さんの作品に出演することは非常にプレッシャーが大きかったです。原作はもちろん素晴らしいです。脚本も読んでみると、ある謎を追い掛けながらも最後に深い人間ドラマが立ち上がってくるところが鮮明に描かれていて、撮影には、よりプレッシャーを感じながら臨みました。

-西島さん自身は、どのように役柄と向き合いましたか。

 青瀬はある事件の謎を追うのですが、刑事でも記者でもない建築士の役なので、普段僕が演じているような役とは、違うモチベーションや動機みたいなものを作らないといけないなと感じていました。実際に、建築士の方にも、どのようなことを考えて家を建てるのか、依頼人の意思と作り手側がやりたいことの話とか、光の取り込み方についてなど、さまざまな話を聞いて参考にしました。

-軽井沢にリアルな家(通称:Y邸)を建てて撮影に臨まれたそうですが、そこでの撮影の感想は?

 青瀬の代表作にもなる「Y邸」はちょっと変わった家なので、どうやって撮影をするのだろう? と思っていたのですが、美術部が素晴らしい家を建ててくださったので、演技をする上で非常に助けになりました。窓から浅間山が絵のように大きく臨めて、家族のだんらんをイメージした内装やノースライトの美しさなど、まさに原作ぴったりの家に作られていました。窓から見た浅間山は合成に見えるぐらいに美しい景色でした。

-青瀬が働く設計事務所の所長・岡嶋昭彦を演じた北村一輝さんとの撮影エピソードを教えてください。

 北村さんは、演技に対する情熱と喜びにあふれた人で、空き時間はずっと一緒に本読みをしていました。お互いにアイデアを出し合って、「このせりふはこういうふうに変えよう」とかを、ずっと話していました。このドラマは、青瀬が自分の人生を取り戻して再生していく話なのですが、その青瀬を引っ張っていくのが岡嶋なので、役と同じように、現場では常に北村さんに引っ張っていただきました。

-離婚した元妻役の宮沢りえさんとの共演で、印象に残っているシーンは?

 宮沢さんは、不思議なんですけど、ちょっと厳しいせりふを言うときに一番チャーミングで人間味がワッとあふれる方です。あるシーンの撮影のときに、「こうやって人間味って出るんですね。こういうふうに演じるんですね」って、思わず現場で言ってしまいましたが、宮沢さんは、男性にとって理想的な女性を、きちんと人間に降ろすというか、より人間らしく演じられていました。

-女優として注目されている田中みな実さんが、設計事務所の事務員役で出演されますが、共演した感想は?

 田中さんは、ある感情が湧き出るシーンがあって、2日間掛けてそのシーンを撮影したのですが、そのときに、ものすごい集中力と感受性の豊かさを感じました。田中さんは最初からすごく感情が入っていて、どこかで途切れてしまうんじゃないかなと周りが心配するぐらいだったのですが、2日間、全く途切れることなくその感情を保たれていました。演技のやり取りの中で、いろいろなものを周りの俳優に与えてくれる、すごい才能の持ち主だと思います。