エンタメ

「光秀との決別のシーンでは、長谷川さんの魂の叫びが聞こえてきた」滝藤賢一(足利義昭)【「麒麟がくる」インタビュー】

「光秀との決別のシーンでは、長谷川さんの魂の叫びが聞こえてきた」滝藤賢一(足利義昭)【「麒麟がくる」インタビュー】 画像1

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。12月13日放送の第三十六回「訣別(けつべつ)」では、室町幕府第15代将軍の足利義昭と、それを支えてきた明智光秀(長谷川博己)に、運命の時が訪れた。従来の「室町幕府を滅亡させた愚かな将軍」というイメージをくつがえし、僧侶出身で人間的魅力にあふれた義昭を好演する滝藤賢一が、役に込めた思いを語ってくれた。

足利義昭役の滝藤賢一

-足利義昭をどんな人物だと捉えていますか。

 義昭は室町幕府の将軍ですが、貧しい人たちのために生きていたお坊さん・覚慶(かくけい)の時代から描かれているので、その思いを大切にしながら芝居をしてきました。将軍になった義昭は、父から受け継いだ「麒麟が来る平和な世の中」を目指していましたが、れっきとした武士だった父や兄の義輝(向井理)とは違うので、自分ができることは何なのか、悩んだはずです。結局、進むべき方向性が定まらず、いろいろな人たちを権力で押さえ込むようになってしまった。そういった背景から、義昭は弱い人だとも考えられます。

-なるほど。

 それを象徴するのが第三十六回、同じ志を持つ駒(門脇麦)が、貧しい人や病気の人を助けようとして集めてきたお金を、全て鉄砲に替えてしまった場面です。義昭は、「信長を倒せば麒麟がくる」と信じ、猪突(ちょとつ)猛進に突き進もうとしますが、結局ゴールすら見失ってしまう…。義昭の気持ちの弱さを感じた場面でした。

-織田信長(染谷将太)とは徐々に対立するようになっていきましたが、その心境の変化をどんなふうに捉えていましたか。

 積もり積もったものもあったと思いますが、決定打になったのは、信長の比叡山・延暦寺への侵攻だったと思います。お坊さんも、女子どもも関係なく討ち取る非情な行動を知り、「信長に新しい世を作るのは無理だ。戦だらけの世の中になってしまう」と感じたのではないでしょうか。

-信長役の染谷将太さんと共演した印象は?

 映画『ヒミズ』など、染谷くんが出ている作品を拝見し、いつかご一緒したいと思っていました。染谷くんが信長を演じることに関しても、新しくて面白いな…と。現場では、信長という役としても、俳優としても、静かに圧力をかけてくる感じがして。それがまたいいんですよね。たまに本当に集中されていて、板場にずっと座っていたりするので、お尻が痛くならないのかな…と心配しています(笑)。

-義昭と平民の娘・駒の交流も丁寧に描かれていますが、義昭にとって駒は、どんな存在だったのでしょうか。

  同じ考えを持ち、同じ平和な世を目指した唯一の理解者で、同志だったと思います。駒だけが義昭のことを分かってくれて、心が完全に通じ合っていた。だけど、義昭がその道からだんだん外れていったんでしょうね。

-というと?

 「戦をなくしたい」が義昭の最初の思いでしたが、最終的には「信長を討たないと麒麟は来ない」と考えるようになってしまった。もともとは「大名同士仲良くし、話し合いでことを収めてほしい」と言っていましたが、戦国時代なので誰も耳を貸さない。そういう状況の中で、義昭の考えは理想でしかなかった。初めは訴え続けていたものの、いざ幕府に入ってみると、全く通用しない。義昭はいろんな人間に挟まれて、いじめられ続けますし、とても苦しかったんだろうな…と。そういう意味で、駒と義昭は時代を先取りし過ぎていたんだと思います。戦国時代に生きるには、義昭は優し過ぎましたね。きっと、覚慶のままでいる方がよかったのではないでしょうか。