エンタメ

【独占ニュース】『ワンダーウーマン 1984』 ペドロ・パスカルが語る悪役マックスの魅力とは

【独占ニュース】『ワンダーウーマン 1984』 ペドロ・パスカルが語る悪役マックスの魅力とは 画像1

 スピード・力・戦術、全てを備えたヒーロー界最強の戦士ワンダーウーマンを襲う、全人類滅亡の脅威とは。もし、世界中の誰もが自分の欲望をかなえられるとしたら…。禁断の力を手にした、強敵マックスの巨大な陰謀、そして正体不明の敵チーターの登場。崩壊目前の世界を救うため、最強の戦士が払う代償とは…。

 12月18日から全国公開されるDC映画最新作『ワンダーウーマン 1984』で、禁断の力を手にし、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)と対決する悪役のマックスを演じたペドロ・パスカルがその魅力について語った。

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C)DC Comics

 独特のヘアスタイルと派手なスーツ姿でTVコマーシャルにも出演するマックスは、どこか米大統領のドナルド・トランプをほうふつとさせる。そんなマックスを演じたパスカルは「彼を演じることは驚きの連続だった」と語る。

 パスカルは「この役について初めて話を聞いたとき、僕は、自分が役に奥行きを与えなければならないような、単純な悪役を予想していた。ところが、脚本に書かれたさまざまなチャレンジによって、マックスは、奥行きのある、やるべきことがたくさんある役になっていた。結果的には、僕自身を高めるいい経験になった。この映画を見れば、観客も彼に驚かされると思う」と語った。

 そして、見た目からは予測がつかないような深い闇を抱えるマックスについて、「彼は典型的な悪役ではない。彼は全てのリスクを抱えている。僕は、キャラクターがどれほどダークであっても、最終的には人間性が感じられなければならないと思う。だから、彼の行動をできるだけリアルなものにしなければならないと思った」と役に対するこだわりを明かした。

 ペドロは、これまでTVシリーズ「マンダロリアン」の主人公の賞金稼ぎや、「ゲーム・オブ・スローンズ」の最強戦士オベリン・マーテル、映画では『キングスマン:ゴールデン・サークル』(17)のすご腕スパイのウイスキーなど、幅広い役柄を演じてきた。

 本作のパティ・ジェンキンス監督は「マックスは、最高に愉快で楽しくて面白い、素晴らしいキャラクターです。そんなマックスをペドロは見事に演じています。この映画では、今まであなたたちが見ていたペドロとは全く違う彼が見られると思います」と語っている。

(構成・田中雄二)

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C)DC Comics