エンタメ

いよいよクライマックスへ!「“本能寺の変”は、これまでにない新しいものに」長谷川博己(明智光秀)染谷将太(織田信長)佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

いよいよクライマックスへ!「“本能寺の変”は、これまでにない新しいものに」長谷川博己(明智光秀)染谷将太(織田信長)佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】 画像1

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。コロナ禍の影響で異例の越年放送となり、1月3日の第三十九回「本願寺を叩け」が新年最初の放送となる。物語は、いよいよ全編のクライマックスとなる“本能寺の変”が近づいてきた。戦国の歴史を塗り替えた大事件がどのように描かれるのか、誰もが気になるはず。主人公・明智光秀役の長谷川博己、織田信長役の染谷将太、羽柴秀吉役の佐々木蔵之介が、ラストスパートに臨む意気込みを語ってくれた。

(左から)織田信長役の染谷将太、明智光秀役の長谷川博己、羽柴秀吉役の佐々木蔵之介

-ここまでそれぞれの役を演じてきた手応えは?

長谷川 約1年半、光秀を演じさせていただきました。撮影中いろいろなことがありましたが、長期間の撮影でキャラクターに深みが増したといいますか、熟考して、光秀という役に向き合えたすごくいい時間だったな…と思っています。早く結末を迎えたい気持ちがある一方で、いざ終わりが近づくと、この役から離れることが少し寂しい気もしています。光秀は、さまざまな登場人物たちからたくさんの刺激を受けます。共演者の皆さんからもらった光のようなものを自分の中に取り入れ、光秀をここまで体現できたと思っています。今は、光秀が「本当にこういった人生だったのではないか」と疑いなく思えていますし、そのぐらい、光秀の人生をがっちり過ごすことができました。

染谷 今、「職業は何ですか?」と聞かれたら、「織田信長です」と答えてしまいそうなぐらい、信長と過ごしている日々です。今回の信長は、ピュアな人物として一貫していますが、年齢を重ねるごとに、見た目も、感情も、振る舞いも、どんどん熟していくのを肌で感じることができました。1年半もの長い時間が、この作品の信長像を作ってくれたと思っています。

佐々木 光秀役の長谷川さんをはじめ、多くの共演者と、藤吉郎から始まり、木下藤吉郎、羽柴秀吉と、ゆっくりと役を積み上げながら演じさせていただいたことは、とても幸せでした。

-お互いに共演した感想は?

長谷川 こういった状況なので、雑談などはたくさんできなかったのですが、終始ミステリアスだった染谷さんに、いろいろと話し掛けてみたり、蔵之介さんには現場を引っ張ってもらったり、制限がある中で、皆さんと楽しい時間を共有させていただきました。

染谷 信長は物語をかき回す役。信長がせりふや感情を投げかけ、光秀がそれを受ける。そういった構図が続きます。長谷川さんは、そんな光秀を繊細に表現されていて、個人的には見入ってしまうほどでした。長谷川さんのブレない姿勢も印象深いです。それがあったからこそ、僕も自分のパフォーマンスに専念させていただくことができました。

佐々木 秀吉は“光秀の最大のライバル”とうたわれてきましたが、個人的にはライバル視するような部分はありませんでした。価値観や手段が違っただけで、あくまでも同じ“織田家の家臣”だと。だから本当は、僕は好きなんですけど…。こればっかりは、史実や台本がそうはさせてくれませんでした(笑)。そんな大好きな光秀を演じられた長谷川さんの存在は、スタッフ、キャスト、全員の励みでした。どんなにピンチのときも、真ん中で真っすぐ立ってくれていましたから。

-いよいよ最大の山場となる本能寺の変が近づいてきましたね。

長谷川 これから物語は佳境を迎えることになりますが、その先には皆さんも気にされているであろう“本能寺の変”が待っています。この作品では新しい明智光秀を描いてきましたが、本能寺の変に関しても、これまでにない新しいものになるのではないでしょうか。なぜ、光秀は本能寺の変を引き起こすに至ったのか。ご覧になる皆さまに、その心の機微を感じ取っていただき、感情移入していただけたらうれしいです。

染谷 僕自身もかなり気になっていたのは、やはり本能寺の変です。台本を読んだ際は、興奮と感動で鳥肌が止まりませんでした。今はそれ以上、言えませんが…(笑)。いろいろと激しい感情がうごめいているシーンになっているので、ぜひ、多くの方にご覧いただきたいです。

佐々木 「麒麟がくる」では、本能寺の変に至るまでが丁寧に描かれています。自分の出演していないシーンを、鏡前や楽屋のモニターで時々見ていましたが、「そりゃ光秀もそうなるよな」「そうしたら上様もああなるわな」と、いろいろとおもんばかることが多かったです。僕の方は、いつでも備中高松から駆け足で帰る準備はできています!(笑)。