エンタメ

【インタビュー】舞台「カメレオンズ・リップ」&ソロ歌手デビューへの思い ファーストサマーウイカ「全てで1段ずつステップアップしていきたい」

【インタビュー】舞台「カメレオンズ・リップ」&ソロ歌手デビューへの思い ファーストサマーウイカ「全てで1段ずつステップアップしていきたい」 画像1

 劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチの戯曲の中から、才気あふれる演出家たちが異なる味わいで新たに作り上げる「KERA CROSS」の第三弾公演となる「カメレオンズ・リップ」が4月2日から上演される。松下洸平、生駒里奈、岡本健一らが出演する本作は、古びた洋館を舞台に、甘美なだまし合いが繰り広げられるクライムコメディー。ファーストサマーウイカが、ガラ・トメート役で4年ぶりの舞台出演を果たす。今回は、ファーストサマーウイカに、公演への意気込みを聞くとともに、2月22日に発売となる「カメレオン」でアーティストとしてソロデビューすることへの思いも語ってもらった。

ファーストサマーウイカ

-「カメレオンズ・リップ」に出演が決まったときの気持ちは?

 久しぶりの舞台出演なので、正直、大丈夫かなという気持ちもありました。ですが、私自身のルーツは関西の小劇場の舞台から始まっているということもあり、KERAさんの本で河原(雅彦)さんの演出で舞台に立てるというのは、大変光栄なことだと思いました。そして、今、大人気の松下さん、生駒さんというすてきな方ばかりなので楽しみです。

-劇団に所属していたということですが、もともと、舞台や演劇が好きだったのですか。

 観劇が好きというより、舞台に立つということが好きでした。その情熱だけで、ネットで検索して見つけた劇団に即入団しました(笑)。高校生のときから音楽をやったり、文化祭では自分で脚本を書いて、演出もしてお芝居をしたりと、昔から出たがりだったんです(笑)。人と一緒に何かを作り上げて、それを達成するという過程も好きでしたし、稽古をして、公演をして、打ち上げをして、という劇団の活動も好きでした。

-2004年に堤真一さんと深津絵里さんなどのキャストで上演された本作の初演は見ましたか。

 はい、映像で拝見しました。深津さんがこの作品に出演されたのは、今の私と年齢が変わらない頃だったので、そう考えると足が震えました。私が演じるガラは、(犬山)イヌコさんが演じていらしたのですが、おじけづくぐらい迫力があって、でもせりふは繊細な作品だと感じたので、感性を研ぎ澄まして臨まなければいけないなと思います。

-今現在は、どのように演じたいと考えていますか。

 私とイヌコさんとは俳優としての特徴も違うので、あまり気にし過ぎず、今、自分が演じたらどうなるかというガラをお見せできたらと思います。松下さん、生駒さんも、初演とは全くキャラクターが違うじゃないですか。堤さんと深津さんは、姉弟の役なのにエロさが出ていたように思います。まさに「爬虫(はちゅう)類の唇」という言葉が似合いそうな2人でした(笑)。でも、松下さんと生駒さんは、透明感がすごい。例えて言うならば、レースのカーテンのような2人(笑)。そこにあるだけで、パッと明るくなって、存在感はあるのに誰の邪魔にもならない。優しさともろさを兼ね備えた2人なので、きっとそれに合わせてガラも変わってくると思います。もしかしたら、私と岡本(健一)さんがエロさを担うのかもしれませんし、あるいは私も松下さんと生駒さんが中心となった座組に入ったら同じレースのカーテンになれるのかもしれない(笑)。稽古場でどんな自分が出てくるのか楽しみにしています。

-舞台も久しぶりの挑戦ですが、2月22日にはソロデビューも決定しましたね。

 はい、くしくも「カメレオン」という楽曲をリリースします。この舞台には全く関係なく、タイトルは楽曲提供してくださったシンガーソングライターの阿部真央さんが名付けてくださいました。楽曲に関しては、真央さんが何度もヒアリングしてくださって。最終的に真央さんは「自分のことを書いた」とおっしゃっていましたが、丸ごと私自身のことを書いてくれたように感じて、歌詞の力に感動しました。真央さん節のメロディーラインと、人が持つ対人における内面の多面性を歌っています。恋人の前にいる自分と、両親の前にいる自分、職場にいる自分ってそれぞれ色が違うけど、どれも全部自分。でもどれも100全部見せているかな、見せて理解を得られるか? その場で色を変えてなじんでいくことをカメレオンに例えているのではと私は考えています。舞台と、「カメレオン」づいた上半期になりそうです(笑)。