エンタメ

【インタビュー】舞台「陽だまりの樹」早乙女友貴 手塚治虫原作の「今の世の中の状況とリンクする物語」で挑む武士役

【インタビュー】舞台「陽だまりの樹」早乙女友貴 手塚治虫原作の「今の世の中の状況とリンクする物語」で挑む武士役 画像1

 手塚治虫の名作『陽だまりの樹』が舞台化され、3月5日から上演される。本作は、幕末を舞台に、ちゃらんぽらんな性格だが、医師としての情熱と優れた技術を持つ手塚良庵と、剣の才能に恵まれ、正義感が強い下級武士・伊武谷万二郎が、時に恋敵となり、時に友情を結び、時代の波に飲まれながら、信じる道を進む姿を描く青春劇。良庵を舞台初主演となる菅田琳寧(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)、万二郎を早乙女友貴が演じる。今回は早乙女に、本作での殺陣や見どころを語ってもらった。

伊武谷万二郎役の早乙女友貴

-原作や脚本を読んで、本作のどんなところに魅力を感じましたか。

 今の世の中の状況とリンクする物語だと感じました。単に男と男の友情というだけでなく、世の中に対するそれぞれの思いが丁寧に描かれているので、とても共感できる作品でした。このままじゃ駄目だという焦燥感も、今の世の中に共通すると思います。きっといつの時代も、完璧ではなく、(民衆が)「変えなくちゃいけない」という思いを持つというのは、興味深いことですよね。

-早乙女さんは、どの人物に一番共感しましたか。

 万二郎は、「俺がやらなきゃ変わらない」という思いで、真っすぐに突き進んでいく不器用さがある人物で、良庵は、違うとは思っていても自分で変えるつもりはなく、ただ時代の流れに身を任せる人物です。それぞれ魅力的なキャラクターだと思いますが、共感という点では、どの人物がというよりは、この作品のメッセージ性に共感しました。どの時代になっても争い事は絶えないし、誰かの権力によって自分たちがやりたいことも抑え込まれてしまう。それを万二郎たちは変えようともがくわけですが、僕自身もそういう世の中は絶対に変えるべきで、みんなが平等でいられる時代であってほしいと思います。そういう、作品が伝えたいメッセージはすごく納得ができるものでした。

-今現在、万二郎をどのように演じたいと思っていますか。

 原作では、万二郎はやんちゃなところも残っている、明るさも持った人物に描かれていますが、今、稽古を通して僕が作り上げている万二郎は、もっと侍っぽさのある人物です。良庵と対照的に映るように演じたいと思っているので、原作よりも、もう少しどっしりとした印象の人物にしたいと思っています。

-本作では、早乙女さんの殺陣も見どころの一つだと思いますが、今回は、どのような殺陣を予定していますか。

 まだ殺陣もついていませんが、万二郎は侍なので、侍らしいものにしたいとは考えています。僕が今までやってきた殺陣は、エンタメやショーの要素とリアルさを組み合わせていることが多かったのですが、今回は、よりリアルを追求したいと思います。侍なので、昔ながらの、古典的要素を入れても面白いのかなと思っています。

-演じるキャラクターによって殺陣も変わると思いますが、常に変わらずに意識していることはありますか。

 殺陣というものに対して、一番大事なのは重心で、(体の軸に)芯が通っていることでしっかりして見えます。なので、僕は下半身を意識しています。足の運び方、例えば、足の避け方、逃げ方、運び方によっても役の見え方が変わってくるんです。役柄を殺陣に落とし込むことができるので、殺陣をつける段階で、そこは大切にしています。

-良庵役の菅田さんの印象は?

 (取材当時)まだ稽古が始まって2日なので、深い話まではできていませんが、すごく真面目な方だと感じました。熱心に稽古に取り組んでいますし、学びたいという姿勢が素晴らしいと思います。良庵とは正反対な印象です(笑)。

-万二郎の武士としての生き方について、早乙女さんご自身はどう思いますか。例えば、同じ時代に生きていたら同じ行動をしますか。

 いや、違う行動をすると思います。この時代(幕末)の人たち、特に武士の人たちは、正義や忠義を持ち、男はこうあるべきだという絶対的な信念があり、どんな犠牲を払ってでも、その信念を守ったのだと思いますが、僕はそこまでやれません(笑)。どちらかというと良庵に近いと思います。いろいろなことをやってみたいし、もっといろいろなやり方があるんじゃないかと模索するタイプです。物語の中で、国を良くするために万二郎が行動を起こしますが、それよりも、もっといい対処法があるんじゃないかと思いました。でも、そんな万二郎のことを、すごく男らしいとは思います。