エンタメ

【インタビュー】「Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-」茅島みずき 初舞台で挑むジュリエット役で「お芝居をしながら湧き出る感情や思いを大事に演じたい」

【インタビュー】「Romeo and Juliet -ロミオとジュリエット-」茅島みずき 初舞台で挑むジュリエット役で「お芝居をしながら湧き出る感情や思いを大事に演じたい」 画像1

-芝居の魅力はどこに感じましたか。

 正解がないところかなと思います。演じる人によって同じ役でも全く違うものになるのは、面白いところだと思います。正解がないからこそ、分からないことだらけですし、常に悩みながら台本に向き合っていますが、その時間が一番好きです。

-今後、どのような女優になりたいと思っていますか。

 今は何年も先のことを考えるよりも、目の前にあるお仕事に一生懸命取り組みたいという気持ちがあるので、まずはこの舞台に全力で取り組みたいとは思っています。ですが、いつかは朝ドラに出演したいという目標はあります。それから、飯豊まりえさんが出演されていた『暗黒女子』という映画を見て、その演技に感銘を受けたので、私も、ああいった2面性のある役にも挑戦してみたいと思っています。

-改めて、本作の見どころと、公演を楽しみにしている方へメッセージを。

 ジュリエットはもともと従順で、両親に従って生きてきた女の子ですが、ロミオに一目ぼれをしてから、父親の反発に遭っても、自分の意思を通す強さを持つようになります。その心情の変化に注目していただけたらと思います。初めての舞台で、まだまだ努力しなければいけないことがたくさんありますが、演出の森さん、ロミオ役の道枝さんをはじめとする、キャストの皆さんたちとすてきな舞台を作り上げられるように頑張っていますので、楽しみにしていただけたらうれしいです。

(取材・文/嶋田真己)

ジュリエット役の茅島みずき

 「Romeo and Juliet-ロミオとジュリエット-」は、3月29日~4月18日、都内・東京グローブ座、4月21日~25日、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで上演。
公式サイト https://www.romeoandjuliet2021.jp