エンタメ

【インタビュー】ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」小関裕太「僕は好きになったら、すぐに言っちゃう派です」

【インタビュー】ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」小関裕太「僕は好きになったら、すぐに言っちゃう派です」 画像1

 栗山千明が主演する恋愛ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」が、7日からテレビ東京ほかで放送される。本作は、きれいでスタイル抜群、仕事も優秀なパーフェクトウーマンだが、実は彼氏がいない歴15年の恋愛初心者・九条瑠璃(栗山)が、見た目も中身も百戦錬磨だが、振られ続けてきた後輩の真宮亮(小関裕太)に恋愛指南をする様子を描く王道ラブコメディー。本作で、真宮を演じる小関に、王道ラブコメに挑戦した感想やドラマの見どころ、自身の恋愛テクニックや恋愛のルールについて聞いた。

(C)「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」製作委員会

-まずは、出演が決まったときの気持ちと、真宮亮というキャラクターを演じた感想を教えてください。

 最近、ラブコメ作品に携わらせてもらうことが増えたのですが、三角関係の報われない役が多かったので、今回は相手役ということでうれしかったです。ふたを明けてみると、思いが届かないことが多くて悩んだりしているので、撮影に入ってからは意外と寂しい思いになったり、窮屈になるような心情になっています。

-王道ラブコメに挑戦することについては、いかがでしょうか。

 ラブコメ作品を自分なりに研究して、気合を入れて臨んでいますが、監督がキュンキュンシーンに対してすごく厳しくて、結構駄目出しをしていただきます。「相手に対していとおしいと思う気持ちの間が少し長い」と指摘していただいたりするので、ラブコメスキルが上がっています(笑)。

-主演の栗山さんと共演した印象を教えてください。

 栗山さんは、カッコ良くてりんとしていて、芯のある方だなと感じました。カメラが回っていないときも、すごくナチュラルな方なので、撮影現場全体が穏やかで温かい雰囲気になっています。今回、電子漫画の編集部が舞台になっていて、ものすごい量の漫画が現場に置いてあるので、少女漫画を見ながら「男性目線ではどう思うの?」という話をしたりしています。

-栗山さんが演じる、見た目はパーフェクトウーマンだけれど、実は恋愛初心者という、瑠璃のような女性についてどう思いますか。

 かわいいなと思います。僕は年上の人や、精神年齢が上で頼れる人がヘルプを求めたり、隙が見える瞬間が好きなので、常にパーフェクトな瑠璃さんが、関係が進展していくにつれて、亮に見せていく表情がすごく好きだなあと思います。

-本作はオリジナル作品で当て書きということですが、真宮亮という役が自分に近いなと思う部分はありますか。

 「真宮くんて、もっと洋食を食べているイメージがあった」というせりふがあるんですけれど、僕は「家では洋食を食べていそう」とか「洋食顔」とよく言われるので、共通する部分を感じました(笑)。

-反対に自分とは違うなというところは?

 僕は、相手が年上でも年下でも、しっかりして大人っぽくしていたい部分があるのですが、すぐに崩れてしまうんです。亮くんは表情を変えずに相手と向き合っていて、落ち着いているので、自分の理想に近いなと思います。

-キャラクター作りの上で、自分からアイデアを出したところはありますか。

 衣装に私服がたくさん入っています。衣装合わせのときに、「亮くんって、どういう人なんだろうね」と話し合いながら、「こんなのもありますよ」と提案してキャラクターを作っていきました。亮くんには秘密がたくさん隠されているので、本当は悪い人なのかなとか、いろいろな想像ができる男性になっていると思います。

-劇中のキュンキュンシーンの中で、小関さん自身が一番引かれたシーンは?

 相手が悲しい表情で思い悩んでいる姿を見て、腕を引っ張ってハグをするシーンがあるんですけれど、こんなハグのパターンがあるんだと思って勉強になりました。バッグハグだったり、自分から思わず抱きしめちゃったりと、いろいろなハグがある中で、腕を引っ張ってからのハグは新鮮でした。

-亮くんは恋愛がうまくいかないキャラクターですが、小関さん自身が亮くんに教えてあげたい鉄板の恋愛テクニックはありますか。

 亮くんは2年間ずっといちずに恋をして、振り向いてもらえない中で、ドラマの時間軸に至るのですが、僕は好きになったらすぐに言っちゃう派なので、「好きだったら、好きって言った方がいいよ」ってアドバイスをしたいです(笑)。