エンタメ

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露 画像1

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シリーズ第7弾。20年6月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて中止となった。今回は、三宅をはじめ、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博、深沢邦之といった一座のメンバー、そしてゲストの紅ゆずる、横山由依ら、中止公演に参加予定だったキャストが再集結。太平洋戦争終盤のサンフランシスコを舞台に、連合国と日独の戦いに翻弄(ほんろう)される日系ミュージシャンの姿を、笑いと音楽と感動たっぷりの物語で描く。横山に、久しぶりの舞台公演への意気込みや本作の見どころを聞いた。

横山由依(ヘアメイク:大場聡美/スタイリング:林峻之)

-今回、改めて上演が決まったときの気持ちを教えてください。

 昨年、中止になってしまったときにすごく悲しかったので、今年上演できると決まってうれしかったです。この作品では、私はジャズバンド「ザ・ツインズ」のメンバーという役どころなのですが、昨年、中止が決まったときには、すでにバンドの練習もスタートしていたんです。なので、余計に絶対にもう一回という思いが強くあったので、公演が決まったときは心から喜びました。

-再び練習がスタートし、久しぶりの再会では、どんな話をしましたか。

 お互いに「元気でしたか?」って(笑)。やはり、こういったご時世なので、皆さんが健康で元気でいるかなというのは、私もすごく気になっていたんです。同じように三宅さんたちも気にしてくださっていたと聞き、うれしかったです。

-今回、横山さんが演じるアキバという役柄について教えてください。

 物語のキーとなる人物なので、明かせないところばかりで、こういう人物ですと説明するのが難しいんです(笑)。ただ、私にとって初めての挑戦となる役です。座長は「2倍大変な役」だとおっしゃっていました。いろいろと勉強しなくてはならないことも多く、大変だとは思いますが、楽しみでもあります。

-ジャズバンドではどのパートですか。

 ドラムをやります。昔、ドラムを習っていたことがあるのですが、そのときはロックやポップスだったので、今回のジャズドラムとはたたき方が違ったんです。なので、スティックの持ち方から三宅さんに教えていただきました。ジャズはすごく難しいですが、バンドも楽しく練習しています。

-2倍大変な役柄、そしてジャズバンドのドラムと、横山さんにとって挑戦の多い作品になると思いますが、どんなところを意識して演じたいと思っていますか。

 物語においても重要な役どころでもあるので、想像力を膨らませて演じていけたらと思っています。それから、私にとっては喜劇を舞台でやらせていただくのが初めてなので、そういう意味でも思い切って演じたいと思います。三宅さんが「本番をやりながらも、お客さんの反応を見て変えていく」とおっしゃっていたので、私も臨機応変に対応していけたらと思っています。きっといつもの自分とは違う一面も見せられると思います。

-普段はAKB48として活動されていますが、外部の舞台公演に出演することの魅力はどこに感じていますか。

 もちろん、どちらも大好きなのですが、AKB48に加入してから今年で12年目になるので、グループの中でのルールや、そこでの常識が無意識に染みついている部分はあると思います。なので、こうして舞台に出演して、さまざまな方と関わることで、自分の新しい可能性が見えてくるように思います。これまで自分で制限をかけてしまっていたんだなとか、もっと自由にやっていいんだとか、自分自身が楽しんでやることが大事なんだとか、自分に足りない部分がどんどん見えてくるんです。アイドル歴が長くなってくると、アイドル活動の中で悔しいと思う瞬間が、初めの頃より減ってくるんです。でも、舞台では学びばかりなので、たくさん貴重な経験をさせていただけます。今回の舞台はベテランの方ばかりなので、特に楽しみです。