エンタメ

【インタビュー】「テンペスト~はじめて海を泳ぐには~」柳浩太郎舞台復帰2作目での挑戦「ハンディがあることは隠すものではないし、隠す必要もない」

【インタビュー】「テンペスト~はじめて海を泳ぐには~」柳浩太郎舞台復帰2作目での挑戦「ハンディがあることは隠すものではないし、隠す必要もない」 画像1

 俳優の柳浩太郎が出演する、インクルーシブ・シアタークリエーション・プロジェクト「テンペスト~はじめて海を泳ぐには~」が6月1日から上演される。本作は、日本・英国・バングラデシュの3カ国の障がいがあるアーティストと共に、それぞれの文化や言葉、障がいの違いを生かして創作される作品。英国の演出家ジェニー・シーレイの呼び掛けの下、2020年5月の上演を目指していたが、新型コロナウイルスの拡大に伴い上演は延期に。今回、新たに公演が決定した。

 柳は、03年の交通事故によって脳に損傷を受けたことで高次脳機能障がいを抱え、14年に活動を休止。以降、表舞台から遠ざかっていたものの、ままならない体をコントロールするためのトレーニングを続け、19年から芸能活動に復帰した。本作は、柳にとって20年2月以来の有観客での公演で、復帰後2作目の舞台出演となる。柳に稽古を通して感じていることや、公演への意気込みを聞いた。

柳浩太郎

-公演が中止となってから約1年、待望の上演が決定しました。今、どんな気持ちですか。

 作品への思いという意味では、何も変わりません。延期が決まったときも、次にやれるときまでに、いい状態でいられるようにコンディションを整えておけばいいだけだと思っていました。もちろん、こうして公演ができることはすごくうれしく思っていますが。

-コロナ禍でエンタメ業界は大きな影響を受けています。柳さんも活動に影響があったのではないですか。

 例えば、講演会がネット配信になったり、形が変わることはありましたが、仕事自体は継続してやらせていただいていました。昨夏には、僕の大好きな街である中目黒で、PVを撮影してYouTubeにアップして、大きな反響も頂きましたし、大好きな南圭介くんと一緒にバースデーイベントを行ったりもして、充実していたと思います。

-有観客の公演は、今回が久々になると思いますが、それについてはいかがですか。

 やっぱり生でやりたいという思いは、この1年、ありました。もちろん、このような状況なので、映像でつながって、見てくださるみんなが喜んでくれればと思って活動していましたが、今回、やっと僕の出番が来たなという思いです。僕が本領を発揮できるのは、お客さんを前にしたパフォーマンスだと思うんです。なので、生で芝居をお見せすることで、僕の真の力が出るんじゃないかなと思っています。

-では、本作の脚本を読んでどこに魅力を感じましたか。

 シェークスピアの『テンペスト』が劇中劇となっていて、現代の僕たちも描いているという面白い構成の作品です。全編シェークスピアではないので、お芝居としては演じやすいですが、シェークスピアの芝居に対する僕たちの気持ちをどう見せられるかがポイントになると思います。それから、イギリスやバングラデシュの方たちとの(映像での)共演となるので、ワールドワイドなコミュニケーションが生まれていて、新しいものに仕上がっています。僕にとっても、こういったインターナショナルな芝居はこれまでやったことがないので、挑戦です。

-今回は障がいのあるアーティストが集まっているため、通常の舞台とはまた違った稽古の過程があるかと思います。さらに、演出家のジェニー・シーレイさんがオンラインでの参加となったこともあり、稽古の難しさもあるのではないかと思いますが。

 めちゃめちゃ難しいです(笑)。聴覚障がいの方もいれば、視覚障がいの方もいるので、ジェニーさんからの指示を伝えるのにも手順が必要ですから。ですが、僕自身はジェニーさんの指示を英語で一度聞いて、その後、通訳の方から分かりやすい言葉で聞くことで、考える時間もあって理解しやすくなるので、その手順も苦ではないです。