エンタメ

【インタビュー】ドラマ「#コールドゲーム」結木滉星「仕事が生きがいだというぐらい楽しい」 氷河期を舞台にしたサバイバルドラマに挑戦

【インタビュー】ドラマ「#コールドゲーム」結木滉星「仕事が生きがいだというぐらい楽しい」 氷河期を舞台にしたサバイバルドラマに挑戦 画像1

 天才詐欺師がマイナス45度の極寒の中、サバイバルをする姿を描く、大人の土ドラ「#コールドゲーム」が、6月5日から東海テレビ・フジテレビ系で放送中。本作は、氷河期に突入した地球で、わずかに生き残った人類によるサバイバルストーリー。たどり着いた避難所で“家族”が優先されることを知った、前科2犯の天才詐欺師・木村祥子(羽田美智子)が、寄せ集めの“偽装家族”を作り、過酷な日々に立ち向かう。“偽装家族”の長男・木村大輝を演じる結木滉星に本作の見どころや俳優としての目標を聞いた。

結木滉星

-話題作を数多く制作している「オトナの土ドラ」枠での連ドラ出演のオファーを受けて、どんな気持ちでしたか。

 設定や展開もこれまでにないものですし、感動できるところも多く、とにかく脚本が面白いと思いました。サバイバルストーリーではありますが、人間関係もしっかりと描かれているので、そういう視点でも楽しんでいただけると思います。ただ、もちろんマイナス45度の世界は体験したことがないので(笑)、どう作っていくのか、苦労することも多いのではないかとは思いました。

-撮影がクランクインし、実際には、どんなところに苦労していますか。

 氷河期という設定なので、4、5枚着込んだ上にダウンを着るので、暑いんですよ(笑)。今は気温も暖かくなってきたので、寒い設定であるということを忘れないようにしないといけないとは思っています。シーンでいうと、クランクインしてすぐに実際の雪の中で撮影した、クライマックスの雪の中でのシーンが印象に残っています。実はまだ台本も全て出来上がっていなかったので、僕が演じる大輝がどうやってそのシーンにつながっていくのか、確実なものが分からなかったんです。なので、どう演じたらいいのか分からず、監督とコミュニケーションを取りながら感情を持っていくという作業が必要だったのですが、今思い返すと、難しかったと思うシーンでした。

-大輝という役を演じる上では、どんなところにポイントを置いて演じていますか。

 大輝は、二面性のある人物で、表の顔はイケメンでモテるという役ですが、裏ではサイコパスな部分があります。彼の中には、復讐(ふくしゅう)が軸としてあるので、まずはそこから作っていこうと思いました。僕はこれまで、これほど二面性があって影のある役は演じたことがなかったので、演じるのが楽しみでしたし、やりがいも感じていますが、やはり表と裏の顔のバランスを取るのは難しいです。現場でもまだ模索しています。これでいいのかと不安になったら、監督に相談するようにしています。

-結木さん自身は、表と裏の顔はありますか。

 あると思います(笑)。基本的に明るく、友達といれば楽しくワイワイしているのが、表の結木滉星ですが、家では親とも話しませんし、無口です。一人のときには、何を考えているのか分からないと思われることが多いので、そういう面では大輝と似ているところがあるのかなとは思います。

-主演の羽田美智子さんとは本作が初共演ということですが、撮影現場でのエピソードを教えてください。

 羽田さんは、本当に気さくで明るい方で、現場を和ませてくださるすてきな方です。ですが、一つだけやめてほしいことがありまして…。僕が4月にカレンダーを発売したので、それを羽田さんや(偽装家族役の)久間田(琳加)さん、やすさんに差し上げたんです。そうしたら、羽田さんに気に入っていただいたようで、みんなが使うメーク室にカレンダーを貼ってくださったんです。とてもありがたいんですけど、みんなが使うメーク室なので、恥ずかしい(笑)。それはやめてほしいということを、ここを通して言わせていただきます(笑)。

-偽装家族を作るという本作にちなんで、結木さんの家族についても教えてください。

 弟が1人います。今は、お互いに自立していますし、そこまで連絡を取ることもないのですが、小さい頃は僕が弟にべったりでした。かわい過ぎて、ひたすらくっついていて、煙たがられることが多かったです(笑)。