エンタメ

【インタビュー】映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』内藤秀一郎「仮面ライダーとスーパー戦隊の歴史の重みを感じました」駒木根葵汰「2人で変身するときは、気合が入りました」

【インタビュー】映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』内藤秀一郎「仮面ライダーとスーパー戦隊の歴史の重みを感じました」駒木根葵汰「2人で変身するときは、気合が入りました」 画像1

 仮面ライダー50周年、そして、スーパー戦隊45作品目を迎えた今年。半世紀に及ぶ歴史を誇る二大スーパーヒーローのダブルアニバーサリーを記念した映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』が7月22日から公開される。本作では、現在テレビ放送中の最新作「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」が夢の共演。映画の公開を前に、「仮面ライダーセイバー」の主人公・神山飛羽真役の内藤秀一郎と「機界戦隊ゼンカイジャー」の主人公・五色田介人を演じる駒木根葵汰が、長い歴史を受け継ぐスーパーヒーローとしての思いを語り合った。

内藤秀一郎(左)と駒木根葵汰

-まず、互いの作品に対する印象をお聞かせください。

駒木根 明るくてシンプルなお話の「機界戦隊ゼンカイジャー」とは正反対で、「仮面ライダーセイバー」はせりふが多いし、台本を深いところまで読み込まないといけないので、「大変そうだな…」と思っていました。今回の映画の台本も、僕らはシンプルなせりふが多いのに、内藤くんのシーンは漢字が多いし、せりふは長いし…(笑)。でもその分、それをやってきた内藤くんのことは、すごく尊敬しています。

内藤 僕も葵汰くんを尊敬しているよ。「機界戦隊ゼンカイジャー」は、素顔ではなく(スーツアクターが演じる)キカイノイドとのお芝居が多いので、きっと大変だろうから。葵汰くんの役柄も「仮面ライダーセイバー」にはいない元気なキャラクターだけど、本人が元気いっぱいなので、すごく合っている。あのテンションをずっと保ち続けるのは、僕には無理(笑)。

-そんなお二人が、今回、共演してみた感想は?

内藤 「葵汰くんはやっぱり五色田介人だな…」と。具体的に「ここが」とは言いづらいんですけど、目線や表情、動きが、やっぱりスーパー戦隊。しかも、普段は元気いっぱいなのに、一緒に変身するシーンではバシッと決める。僕の方が先輩だけど、「カッコいいな」と思って。

駒木根 僕も内藤くんの変身を初めて間近で見て、「やっぱり仮面ライダーはカッコいいな」と思いました。何より、僕と内藤くんの後ろにたくさんのヒーローが勢ぞろいする場面では、「先輩たちの存在を、しっかり背負っていかないと」という覚悟が、横にいてすごく伝わってきました。もちろん、そういうものは僕にもありましたから、2人で並んで変身するときは、テレビシリーズとは違った気合が入っていたと思います。

内藤 あと、葵汰くんはアドリブがものすごく多いよね(笑)。「仮面ライダーセイバー」はシリアスなシーンが多いので、アドリブはあまり入れられない。でも今回、葵汰くんと共演してみたら、アドリブをバンバン入れてくる。それを見て、「すごい!」と。

駒木根 そこは、それぞれの作品のカラーだよね(笑)。

-この映画には多数の歴代ヒーローが登場しますが、それを踏まえて、それぞれスーパーヒーローについて改めて思いを巡らせたことはありますか。

内藤 仮面ライダー50年分、スーパー戦隊45作品分の重みを改めて感じました。自分が子どもの頃に見ていた仮面ライダーやスーパー戦隊もいましたし、この映画を見た子どもたちにとって、僕たちはこれからずっと心に残るヒーローであり続けるわけです。だから、これからもしっかりと努力し、僕自身、子どもたちが自慢できるヒーローでありたいな、と。藤岡弘、さん(仮面ライダー1号/本郷猛役)と共演するシーンでは、藤岡さんが登場した直後に語る一言に、ものすごく感動しました。

駒木根 これだけたくさんのヒーローがいれば、それぞれのヒーローの形があります。その歴史を踏まえた上で、今の時代に合わせて新しい要素を盛り込んでいるのが「機界戦隊ゼンカイジャー」です。だから、「秘密戦隊ゴレンジャー」(75~77)から始まるスーパー戦隊の歴史をリスペクトしながら、今までとは一味違うヒーローの形を、この1年を通して作り上げられたら…と。その結果、今の子どもたちにとってのヒーローになれたらうれしいです。

-「仮面ライダーセイバー」は、間もなくテレビシリーズもクライマックスを迎えますが、「仮面ライダーセイバー」を卒業する内藤さんに、駒木根さんから贈る言葉は?

駒木根 この現場に入ってみて、皆さんにヒーローをお届けするまで、ものすごくたくさんの方が努力されていることを、僕は初めて知りました。それを1年間続けるのがどれほど大変なことか。クオリティーを落とさず、皆さんにお届けするために、僕らとスタッフが一丸になって命を込めてやっています。だから、それを1年間やってきた内藤くんには、「お疲れさま」としか言いようがありません。本当にお疲れさまでした!

内藤 ありがとうございます。