エンタメ

【インタビュー】舞台「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」のん 宮藤官九郎と8年半ぶりのタッグ「宮藤さんは小学生のような天才」

【インタビュー】舞台「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」のん 宮藤官九郎と8年半ぶりのタッグ「宮藤さんは小学生のような天才」 画像1

 のんが出演する、大パルコ人4 マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」が8月9日から上演される。本作は、大人計画とパルコが共同プロデュースし、宮藤官九郎が作・演出を務めるオリジナルロックオペラ、“大パルコ人”シリーズの最新作。特殊な能力と共通の悩みを持つ浮浪児たちが出会い、「世界を救う」という壮大なテーマを背負いながら、能力と羞恥心のはざまで葛藤する物語が描かれる。今回は、宮藤が脚本を務めたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」(13)以来のタッグとなる、超能力を持つ少女NONを演じるのんに、宮藤への思いや、出演に当たっての心境などを聞いた。

NON役ののん(ヘアメイク:菅野史絵/スタイリスト:町野泉美)

-宮藤さんとは8年ぶりのタッグとなりますが、出演が決まったときはどんな気持ちでしたか。

 「やったー!」って感じでした(笑)。宮藤さんの脚本作品にまた参加できるということに、すごくワクワクしています。今回は演出も宮藤さんで、さらに出演もされるということから、初めての共演となるので、たくさん楽しそうなことがありそうです。「あまちゃん」の打ち上げで、宮藤さんが「次は、のんさんが50歳になったら、泉ピン子さんと橋田壽賀子さんみたいな感じでできたらいいなと思います」とおっしゃっていたんです。その記憶がずっとあったので、今回のお話を頂いたときは、思ったより早かったなと思いました。

-宮藤さんからオファーについて何か話がありましたか。

 顔合わせのときに、宮藤さんが「大丈夫ですか?」みたいなことをおっしゃっていて、私は単に「もう一度よろしくお願いいたします!」という感じで答えていたんです。そのときは、まだプロットもそんなに上がってなかったので、「大丈夫ですか?」の意味が分かっていなくて、プロットを正式に頂いたときに「こういう心配だったんだな」と気付きました。

-そのプロットを見たときの感想は?

 びっくりしました。プロットの時点からタイトルは変わっていないんですけど、そのタイトルが目に飛び込んできたときに、勝手に仮題かなと思っていたんです。だから、正式タイトルはこれから考えるのかなと思いながら読み進めていました。

-プレス・リリースで「あのとき(あまちゃん)は朝ドラフィルターがかかっていたんだなあ、と思うぐらい、今回の宮藤さんのプロットがぶっ飛んでいてびっくりしました」とコメントしていましたが、どんなところがぶっ飛んでいると感じましたか。

 まず設定がすごいです。「愛が世界を救います」というストレートなタイトルに「屁」が付いてくるということに衝撃を受けました(笑)。私の役も超能力を使うときに変顔になるという設定なんです。ただの超能力物じゃなくて、そういう絶対に笑えるものをくっつけてくるところが、宮藤さん節なのかなと思いました。でも、そんなばかばかしくて、すごく笑えて、面白い設定や掛け合いの流れの中で、突然、心臓に突き刺さってくるすてきなせりふが散りばめられているんです。笑いながら見ていて、心がほぐれているところに突き刺さってくるから、より素直な心で宮藤さんが書いたせりふのメッセージを受け止めることができて、そこは本当にすてきだと思います。

-本シリーズの魅力をどのように感じていますか。

 本シリーズは、音楽が本当にかっこよくて、壮大な設定とかテーマの中で面白くて笑えるシーンがたくさんあるんですけど、そのまま楽しく見ていたら、ググッと心をつかまれて感動してしまう、そんなシリーズだと感じています。

-「NON」という、のんさんと同じ名前の役をどう演じたいですか。

 宮藤さんが書かれているNONというキャラクターがもうすでに面白くて、どれだけ体現できるのかということだと思うんです。すごく生きるエネルギーに満ちている役だと思うので、自由な生命力が舞台で見えるように演じたいと考えています。ですけど、本読みの段階で皆さんが面白過ぎたので、今はそれに頑張って付いていかなければという感じです。

-宮藤さんと共演することについてどう思っていますか。

 何か変な感じがします。「あまちゃん」のときは、宮藤さんはたまにごあいさつする程度という遠い存在だったので、本作の本読みのときに「宮藤さんがせりふをしゃべっている!」と驚きました(笑)。宮藤さんがせりふをしゃべるのを目の前で見ているのは不思議な感じでした。

-8年半がたって、自身のどんな成長ぶりを宮藤さんに見せたいですか。

 考えたことなかったです(笑)。自分が作品の中で、役として皆さんに溶け込んで、どれだけ役を面白くできるかいうことに全力なので、こういうところを見てくださいというのは、今まで考えたことない発想です。あえて言うなら、ギターを弾いて歌うシーンがあるので、そこがうまくできたら褒めてほしいです!